鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

プチセッション

 今日は鹿大山岳部の人らと
大隅少年自然の家に行った。

 鹿大山岳部が新入部員M君のために
確保訓練をやるらしく
それについていった。

 自分は確保訓練はそっちのけで
新しいルート作ったり
難しいボルダーの課題に打ち込んだりした。

 ボルダーの課題が面白かった。
特にピンク内側赤テープ課題4級?が
面白かった。

 最初からものすごくホールドが遠く
最後もすごく悪かった。

 最後の一手が非常に勇気が必要だった。

 基本的に鹿大ウォールでは
あんなに高いところにはいきませんので。
マットを二重にしても
何か勇気がでなかった。

 意を決して飛びついたら取れた。
これでムーヴは解決。

 最後に3回ほどトライしたが
腕が疲れてダメだった。
また来たときは絶対登ってやろう。

 基本的に鹿大ウォールは狭くて
こういうダイナミックな動きはできない。

 どちらかというと
細かい系、力のいるスローパー系のホールドを
腕力で繋いでいくことが多い。

 広いところでボルダーできるのは
本当にのびのびできてよかったです。

 最後に鹿大山岳部の現役で
プチコンペをしました。

 緑銀、青銀、黒水色の3本の課題を登り、
取ったホールドの数で競った。

 まず最初の緑銀テープは5.9程度。
3名が完登した。
ガバガバの課題やったね。

 次の青銀テープは5.10aくらい。
2名が完登した。
最後にちょっとバランス悪そうなムーヴがある。

 最後の黒水色テープは5.10b/cくらい。
最初からランジの意地悪課題。
ランジを取ったMatsuda君が優勝した。

 いやー、鹿大は部室にウォールができて
レベルアップしてますなぁ。
こりゃ誰も完登できんと思って
簡単目にルートを作ったけど
全員登られてしまうかもしれんと思って
冷や冷やしましたぜ。

 ただ最初からランジなんて
そんなルートは普通のコンペにはないよなあ。
地べた付近で勝負が決まると
見てるほうからすると興ざめでした。
次回はもっとよさげなルート作りたいと思います。

a0037542_23242663.jpg

あーだ、こーだ言いながら
楽しくプチコンペをしました。
[PR]

by msya777 | 2006-01-29 23:24 | 大隅自然の家ボード
<< 楽しみ方 トレーニング >>