鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧


久々の金峰山

 今朝は冷えましたね。
金峰山では立派なつららができていました。

 今日打ち込んだ課題は
トラ岩 グッバイカゴシマ 4級

大岩 Junichi 3級
でした。

 特に大岩の3級課題は
後半の方のムーヴ固めをやりました。

a0037542_2185144.jpg


 右足をヒールフックかけた状態で
1の右手スローパーをつかむ
(親指を効かせるのがコツらしい)

2の左手スローパーは中継用で
使っても使わなくてもよいらしい。
上体を引き付けて
3のホールドを取りに行く。

 最初の方は全然できなかったムーヴだが
10回、20回とやっているうちに
慣れてきて精度が上がってきた。

 特に3のホールドは効きがよくて
取れたときはかなり快感です。

 行くたびにできるムーヴが一手ずつ増えているので
この調子で練習に励めば
いつかクリアできるだろう。
がんばろう。
[PR]

by msya777 | 2005-02-27 21:17 | 金峰山

課題を量産中

 最近、デジカメ写真を使って
作った課題、打ち込んだ課題などを
解説していますが
なかなか好評でもっとやってくれと言われるほど。

 確かにこうやってBlogで公表してあったら
プリントアウトして鴨池で練習するときの参考になるし
結構他の方にとってもいいかもね。

 ということで
今日のトレーニングです。

 今日は土曜の夕方5時ごろに行ったのですが
すでにみんな練習していました。

 今日の課題はK関君が作ってくれました。
グレードは4級くらいです。
ただし傾斜が最大傾斜でやってください(これ重要です!)

a0037542_21343045.jpg


 この課題は傾斜が最大ですので
結構ガバ系のかかりのよいホールドが多いのですが
難しいです。

 まず初手から遠くて
リーチのない人には苦しいかも。
おいらのリーチでギリギリですので。
右足にしっかり乗り込まないと取れません。

 核心は4から5を取りに行くところです。
2のホールドに左足をヒールフックをするのですが
このムーヴが難しい。
足技の上手い方なら簡単にいけるでしょうが
私のように腕力だけのヘボっちい人は全然ダメです。
結局このムーヴを30回ほど試すも1回しか成功せず。
部分的にはムーブを探ることができたが
全部つなげるには至りませんでした。
まだまだ力が足りないなあ。

 3と5のホールドの向きが変わっております。
くれぐれも最大傾斜でお試しください。


 次は私が作った課題。
グレードは5~6級かな。
この課題は傾斜を2段階目に切り替えて行いました。
(腕がいい加減に疲れたので)

a0037542_21411883.jpg


 まず出だしから狭い!
身長177cmのおいらにとっては極めて狭いが
右足をキョンにして右手を1でガストン持ちで取る。
結構右手の指がピキピキくるが小指までしっかり
かかっていれば大丈夫。
右足を左のほうに寄せ、左足は左手ホールドの上にヒールフック。
ここも狭い!

 逆に3を過ぎるとホールド、スタンスが遠くなるという
前半と後半で全然違うタイプの課題なのです。

 これまでボルダー壁の3分の1程度しか利用していなかった
反省に立ち結構大きくボルダー壁を利用して
課題を設定できるようになりました。
これもちょっと進歩かな。

 そろそろ外岩に行きてぇな。
[PR]

by msya777 | 2005-02-26 21:49 | 鴨池ボード

課題が宿題になってくよ

 どうも今日も飽きずに
ボルダーです。
そうそうボルダー壁は雨天に関係せずできるので
トレーニング計画が立てやすいですなあ。
でも野球のドーム球場と一緒で
なんか狭っくるしく、開放感がないのが難点ですがね。

 さーて、今日の課題は・・・。

 一つ目は私がオリジナルで作りました。
グレードは5級くらいです。

a0037542_20225569.jpg


 3から4のホールドを取りに行くときに
3のホールドが甘くてちょっと厳しい。
自分的には何十回もトライしてやっとの思いで登りました。
が、K関君に一撃されました。(トホホ)

 次はO田さんの課題をU杉さんから聞いたものです。
こんな感じです。

a0037542_20253846.jpg


 まず離陸は可能でしたが、
2を取る前に剥がされてしまう。
3はクロスで右手で取ることはできるが
取って体を振ったときに右足の反動で剥がされてしまう。
さらに4を取ることもできず、

 まだまだですわ。

 3級ぐらいということで
これからこの課題がメインテーマになりそうです。

 最後にこれまたフクフク君が作ってくれた課題を
U杉さん経由で聞いたもの。

a0037542_2026090.jpg


 4級くらいという課題だが
これもクロスムーヴを駆使するもの。
あまり打ち込めなかったが
これも難しそう。

 毎日行くたびに課題が宿題になる今日この頃です。

 だけど写真みて分かるとおり
上手い人はボード全体を大きく使って
課題を作りますなあ。

 おいらのような下手くそが作ると
なーんかボードの3分の1くらいしか使っとらんよね。

 まだまだ下手くそで
自分で課題を作る能力もないので
他の方から課題を提供してもらえると
いろいろ勉強になりますな。
[PR]

by msya777 | 2005-02-24 22:44 | 鴨池ボード

春のうららの~♪

 春のうららの~♪
って歌いたくなるほど
今日は天気が良くて暖かかった。

 例によって今日もボルダーしてました。

 まずは最初に傾斜を最大にして
打ち込むもあまりに傾斜がきつすぎて
ムーヴを組み立てることができない。
で、結局いつもと同じく2段目の傾斜で
練習することにした。

 今日の課題

a0037542_011775.jpg


 これまたU杉さんが作った課題なんだけど
何度も打ち込むがクリアできなかった。

 できなかったのは写真の
1→2のムーヴと
3→4のムーヴである。

 特に3→4は非常に遠く感じた。
だけど冷静に3と4のホールドを両手で持ってみると
かなり近く感じるから面白い。
つまり左足の使い方が悪いから
4のホールドが遠く見え、非常に遠く錯覚してしまうのだろう。
飛びつき、体を振る.etc
いろいろ試したがダメだった。

 この辺の体の使い方は
まだまだ苦手とするところだから
たくさん練習するしかありませんな。
[PR]

by msya777 | 2005-02-24 00:08 | 鴨池ボード

白い粉の密売人?

 このごろ鴨池クライミングウォールで
ビニール袋に入った白い粉を
密売する人が出没しています。

 白い粉って麻薬じゃなくて
プロテインです。

 ただいま鴨池クライミングウォールでは
空前のサプリメントブームでして
プロテインやアミノ酸、グルコサミンなどを
共同で大量購入して分ける人がいます。

 ただし、飲み方を誤ると
筋肉はついたけど体重が増えたり
消化不良で下痢したり
しますので用法・容量は自分なりに研究しましょう。
[PR]

by msya777 | 2005-02-23 23:11 | その他

最下位争いになるかなあ?

 3月13日に行われる鹿児島フリークライミングコンペ2005の
参加者のエントリーが済んだ人の名簿を見てびっくり。

 福岡、長崎から参戦される方は
RP5.12以上の方ばかり・・・。
オンサイトで5.11cって、
強すぎるよ・・・
絶対勝てませんわ。

 参加者名簿を見渡すと
おいらあたりがちょうど
カテゴリA(エキスパートクラス)の
最下位争いを演じそう。

 まあ、大会役員でいろいろ忙しいので
さっと出て予選で負けちゃう方が
いいのはいいんだけどちょっと悔しいかな?

 とりあえずあと3週間はある。
練習に励もう。
[PR]

by msya777 | 2005-02-22 23:04 | その他

ビデオの反響

 昨日アップしたビデオですが
早くも反響があってびっくりです。

 光ファイバーはかなり余裕で
見ることができるそうです。
うちの激遅ADSLでもなんとか
見れるから回線的には大丈夫なんでしょ。

 ソフト面でもあまり苦情がなく
よかったです。

 クライミングは動的なスポーツだから
文章では伝わらない面もあり、
ビデオってそういう意味では一番伝えやすい
手段だと思う。

 結構、好評だったので
第二弾も企画しようかなあ。
[PR]

by msya777 | 2005-02-22 00:28 | その他

ボルダーの人になる

 今日からボルダーの人になることにしました。
そう重いロープともしばしのお別れです。

 今日からルート中心のトレーニングを一転、
鴨池ではボルダー中心に鍛えることにしました。

 理由としては
今までのトレーニング強度では
足りないような感じがあること。
実力の伸びがプラトー(平坦部)にきていること。

 そんなことを考えると
さらに実力をつけるには
なんらか思い切ってトレーニング方法を変える時期に
きているのではないかと自分で前々から
思っていました。

 昨日、一昨日とルート整備で
テープ系の課題が消滅したのと
黄色の課題をレッドポイントして
ひと段落ついた感があるので
これをきっかけにしばらくボルダー中心で
やっていきます。

 そうそう、今まで
ルートだと
赤、緑、赤黄など
ホールドやテープの色で説明すりゃあ
なんとか自分のトレーニングを
客観的に見られたんだけど
ボルダーになると
ほぼ自分で課題を設定するので
客観的にトレーニングを評価できない。

 で、ここいらで
デジカメを使って
課題をちょっと残すようにしようかなと
思ったりしました。

 今日は試しです。



 今日のトレーニング

a0037542_0171039.jpg

足は適当にパターンを使ってね。

a0037542_0172651.jpg


a0037542_0174047.jpg


a0037542_017528.jpg


a0037542_018897.jpg

セルフタイマーで撮ったが
ブレブレ感がたまらなくカッコ良かったりして!?


 今日はこんな感じの課題に打ち込んでみました。
えっとU杉さんが金峰山の3級トラバース課題に
似せて作ったらしいです。

 クロスでポケットを取り
さらに左手を伸ばすところで
右足が大きく振られ
その勢いで右手が外れる。
それをどうこらえるかが核心です。

 私の場合、右足を早く切ってしまうことで
振られが少なくなることを見出しました。

 で、なんとか気合で
クリアできました。

 グレード的には
4級前後だと思います。

 昨日はビデオ、今日は写真と
どんどん進化するBlogです。
皆さん、ついてきてくださいね。
[PR]

by msya777 | 2005-02-22 00:21 | 鴨池ボード

昨日のビデオをアップしてみました

 昨日登った黄色の課題を
レッドポイントしたときのビデオを
ウィンドウズメディアプレーヤー形式で
見れるようにしました。

 ファイルサイズは21MBっす。
激重いファイルですので
ADSL、光ファイバー回線の方のみしか
見れないと思います。

 あと、最近のパソコンには
ウィンドウズメディアプレーヤーというソフトは
最初から入っていますが、旧式のPCや
マックには入ってないと思います。

 俺のパソコンで見れないぞ!
という技術的な質問には一切答えられません。
「見れたらラッキー!」
くらいのおおらかな気持ちで
気長にダウンロードを待っていただけると幸いです!

 なかなか衝撃的なVTRで
我ながら迫真の演技?
だと思ったりしました。
最後はほとんど宙ぶらりんに
なってましたから・・・。

 で、こちらで見れます。
http://www.geocities.jp/zermatt777/kuacdata01/video/kiiro11b.wmv
クリックしたら見れると思いますよ。

 これから映像も交えたBlogで
どんどん進化していきますよ!
みんなついてきてね。
[PR]

by msya777 | 2005-02-21 00:31 | その他

数々のルートが逝ってしまわれました

 本日は、フクフク君、O田さんにより
来月のコンペに向けルート整備が行われました。

 今日は全ラインのアウターホールドを
すべて取り外しました。
インナーホールドも一部交換されました。

 今まで打ち込んできた数々のルートが
なくなってしまいました。
アーメン

 今まで毎日のようにウォームアップで
お世話になった、白テープ5.10c
最後のほうは目をつぶっても行けるようになりました。
トライ数は余裕で100回を越えるでしょう。

 初心者に希望を与えたピンクテープ5.10a

 結構狙ってトライしたけど
8ピンから上は全然ダメだった赤黄テープ5.11b/c。

 黄色が登れたらガンガントライして
落とせそうだったけど結局登れずじまいだった
青棒 5.10d

 時間がなくて登り切れなかった
赤棒 5.11a
赤青 5.11d
赤銀 5.11c
青銀 5.12a

 いろいろな思い出のこもったルート、課題が
なくなってしまいました。

 だけどコンペの後には
再び新しい課題がどんどん出てくるよ。
みんな頑張ってトライしようね。
[PR]

by msya777 | 2005-02-20 22:43 | 鴨池ボード