鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:riverside wall( 570 )


南日本新聞の取材を受けました

 本日は16時ごろから南日本新聞の記者さんが来られまして
新聞の取材を受けました。

 1時間ほどボルダリング全般のことについて取材を受けまして
その後、記者の方がボルダリングにチャレンジしました。

 8級はさくさく登られていました。
いい記事になりそうですね。

a0037542_1959375.jpg

 途中でカメラマンが用事で帰ったので
ラストはニシムラが一眼レフで撮影しました。
(登っている人を撮影する人を撮影した写真)

 そのほか利用者の方にも
インタビュー、撮影されていました。
皆様、ご協力頂きましたありがとうございました。

 土曜日の夕刊に掲載される予定です。
その辺のコンビニで必ず買って
リバーサイドの記事を読んでくださいね。
くれぐれも立ち読みはしないでね。
[PR]

by msya777 | 2007-10-02 20:02 | riverside wall

新ホールド入荷しました!

 サガデザインホールドより新ホールド35個が入荷致しました。
これから毎月30個程度のホールドを順次購入していく予定です。

 9月度より値上げを行ないました。
また、回数券を新設し、月会員の料金に割安感が生まれ
料金を先払いされる方が増えました。
皆様には大変な負担をお願い致しましたが
9月度におきまして、料金値上げにも関わらず
7月度、8月度より利用者人数は増えました。
資金的な余裕が生まれ、この度ホールドを新規に購入することができました。
ありがとうございました。

 利益の一部はホールド購入など設備投資を行なっていきます。
鹿児島一いや九州で一番ホールドが多いジムになるように
頑張りますよ!
これからもよろしくお願い致します。
a0037542_14162642.jpg

[PR]

by msya777 | 2007-10-01 14:20 | riverside wall

留守でしたがありがとうございました

 本日、昨日と2日間も用事でジムを留守にしておりました。
今さっき戻ってまいりました。
2日間ともたくさんの方にご利用頂きまして誠にありがとうございました。

 さて、2日間何をしていたのかと申しますと
所属している山岳連盟のレスキュー講習会なるものに
出席しておりました。

 2日間、みっちりレスキューの勉強をしてきました。

 皆様が注意して使ってくださっているおかげで
ジムが開設して1年ちょっとの間、
骨折などのケガはゼロでした。
レスキューの技術がここで発揮されないように
安全にクライミングをされるよう強く望みます。

 外岩に行くように皆がなってきたら
レスキュー講習会や安全なボルダリングの仕方の講習なども
やらないといけません。
またマナーアップのための活動もしていかねばなりませんね。

 と思ったりしました。

 12時でレスキュー講習が終わって
せっかく高いフェリー代を払ったので
大隈半島のリバーサイドウォールユーザのI戸さん(桜島)、N谷さん(鹿屋体育大)と
3名で猿ヶ城を攻めてきました。

 猿ヶ城を攻める前に
N谷さんの研究で握力とぶら下がったときの力を測りました。
自分の握力 右40kg 左35kg でした。
ただ今調べたところによりますと男性30代の平均を大幅に下回っております。
(トホホ)
世界の小山田さんもリンゴを握りつぶすほどの握力はないらしいですし
クライミングと握力は関係ないように私は思います。
どっちかというと握るというより指でホールドをひっかけるという感じですから。

 ちょっぴりショックを受けつつ
バイクと車2台で猿ヶ城を目指すも
なななんとバイクがガス欠。

 だけどラッキーなことに
ちょうど坂の頂点だったので20メートルほど押しましたけど
なんとか下り坂になって途中からI戸さんの車に乗せてもらって
大丈夫だった。
最後はI戸さんの車にバイクごと搬送してもらいました。
助かったー。
っていうか偶然にもI戸さんの車はバイクが搬送できる専用車的な車でした。
なぜかバイクを搭載するための板や車内にバイクを固定するバンドも
標準搭載されていた。(レース場にバイクを搬送するための車らしいね)
ホンマに助かったよ。
もし1人でこの道を走っていてちょうど中間部でガス欠やったら
携帯の電波も入るかわからんし、
車の通りもめっちゃ少なくて
雑草生え放題だからさ。
こんなところでガス欠したらマジ泣きしそう。

 ってなことがありまして
なんとか無事に猿ヶ城に着きました。

 最初は下流エリアでちょこちょこ登りました。
右ポケスラブ8級だったかな。
超ヌメって大変悪うございました。
嵐を呼ぶ男 1級
水の中マントル 4級
白目 2級あらため5級?
などをやりました。当然、嵐を呼ぶ男は登れませんでしたが。

 まだまだ水泳客が多くて
びっくりしました。

 あの明日から10月っすよ。
野外で泳いでいる季節ではないのでは・・・。

 地球は確実に温暖化している
と思った今日この頃でした。
[PR]

by msya777 | 2007-09-30 20:16 | riverside wall

大潮ですね

 本日は大潮でルアーで釣りに来ている人が
えらい多かった。
シーバスは釣れたのだろうか。

 さて、本日は出水よりこちらの方に
仕事場が転勤になったというH山さんが
超久々来られました。
自分が大学生のころから知っている方で、
その当時は自分は5.10aしか登れないショボショボクライマーでしたが、
彼は慈悲(その当時のグレードで5.11c、今は5.12aといわれている)を
練習していたりして、雲の上のような人でした。
その後、仕事や子育てが忙しくなったらしいです。
そんな昔話をしたりしました。
男30代は家庭を持って、子どももいて、職場でもそこそこの地位で
クライミングには非常に酷な時期です。
ただそれでもなおクライミングを続けておられる方は
偉いなあと感心しました。
私も見習おう。
とにかく私はしぶとく続けるぞ!

 鹿屋のH岡さんも来られました。
大隈半島はTさん、M本くんが去ってから
かなり厳しい状況が長く続いているそうです。
そういえば、ここ2年くらい大隈の方の情報を聞かなくなりました。
消防の方が3名ほどでクライミングを続けているらしいです。
ちょっと海を隔てていますが
大隈半島も同じ鹿児島県。
一緒に頑張りましょう。
クライミングに僻地があってはいけません。
また大隈には猿ヶ城、根占、佐多、鬼岳、内之浦など
すばらしいクライミングエリアがあるじゃないですか。
もっともっと愛好者がいてもよいと思います。
次回のコンペからはこちらからオファーを出そうと思いました。
こちらからも大隈に行くときは一緒に行けたら
いいなあと思いました。

 さて明日からちょっと用事で
大隈半島の方へ行ってきます。
明日、あさっては他の者がジムの管理をしますが
営業しておりますのでご利用の程、
よろしくお願い申し上げます。
[PR]

by msya777 | 2007-09-28 23:00 | riverside wall

新聞に掲載されます

 リバーサイドウォール鹿児島における
ボルダリングの模様が
南九州の地元紙、南日本新聞に掲載される予定です。
(夕刊に掲載されるそう)

 取材は10/2の夕方から行なう予定。
新聞のインタビューを受けてみたい方は
10月2日(火)の18時にリバーサイドウォール集合です。
どなたか取材を受けてください、
よろしくお願い致します。

 今月のMBCテレビに続いて
2ヶ月連続でマスメディア露出です。
それも地元では有名なテレビ局、新聞社ですので
鹿児島県内でボルダリングを知っていただけるには
いい機会です。

 「鹿児島におけるフリークライミング・ボルダリングのメジャー化プロジェクト」は
着々と進んでおります。
まだ「珍しいスポーツ」という位置づけでマスコミに登場しておりますが
いつの日か、鹿児島といえばサッカー、野球と同じように
普通なスポーツとしてクライミングが受け入れられるよう頑張っていきます。
[PR]

by msya777 | 2007-09-28 16:17 | riverside wall

9月もそろそろ終わり

 9月もあっという間に末になってきました。
時の流れは早いものです。

 本日は利用者3名で少なめでした。
課題表の片付けなどをしていました。

 いろいろ常連さんと話をしたのですが
もっともっと人数が増えたほうが面白いということ。
また、女性の利用者が増えたほうがよいということ。
いろいろ話しました。

 テレビに出ても爆発的に利用者は増えることはありませんでしたし、
これに関して特効薬はないのかなと思います。

 ただもっともっとボルダリングというスポーツを
鹿児島に広めていきたいし
広がる土壌はあると思う。

 だって、2年くらい前から比べたら
これでも爆発的にボルダリング人口が増えましたもの。

 鹿児島にボルダリングを広める
というきちんとした信念をもって
営業していけば必ず愛好者は増えていくでしょう。
一歩一歩、がんばっていきましょう。

 さてさて、本日は大潮です。
シーバス釣りの人がたくさん居ますね。
お客さんに言われて
シーバスの道具を見に行ったんですが
高けぇーーーー。
ルアー1個1000円とか見ると
まあ、エサ釣りでしみじみキスを釣るくらいが
自分にはちょうどいいかなと思った。
シーバス釣りの道具を買う代わりに
ホールドを買いました。
今週末にも届くでしょう。
これから毎月ホールドが増えていく予定です。
新ホールド入替キャンペーンとかやらんと
いかんですね。
 
[PR]

by msya777 | 2007-09-27 21:48 | riverside wall

秋です

 今日は金峯山に行っておりました。
朝練です。
だんだん涼しくなって
上着を着ないとバイクに乗れないほどです。
7月、8月はバイクに乗っても暑かったのにな。

 さて、家に帰って昼食とっていろいろやっていたら
ウォールに来るのがギリギリになってしまった。
シャッターの前でH郷さんが待ってました。
何かピカピカのバイク(新しく買った中古車らしい)で
来ておられてなんだかうれしそう。
ロクスノとマッドロックのステッカーを貼りまくって
やばいくらいクライマー仕様のバイクになりました。
超久々、お元気そうで何よりでしたね。

 常連さんはコンペ課題を復習しておられました。
シールの張り忘れなのかえらい難しい6級など存在しておりまして
なかなかセッターも楽しめました。
特に「39番f」は有り得ない難しさ。
強烈にクロスムーヴで取って右手でじんわり壁を叩きながら
上がるというマニアックなムーヴでした。
ビギナークラスじゃこれはできなくて当たり前ですわ。
多分、Bクラスの振り分け課題だったものがスライドして
ビギナーに降りてきたのだろう。
ただ、こういうのもコンペの洗礼です。
難しい課題をいかにスルーするかも重要な戦略ですので。
あと「19番f(K元さん設定)」の課題ですがムーヴはなんとか解決したのですが
これまたえらい難しいっす。
緑のホームベース型緑ホールドでマッチするところが悪魔のように悪い!
つーか、これがビギナー課題ってのも悪すぎたかも。
Aクラスに出したとしても半分以下しか登れなかったのではなかろうか。

 さてさて、本日は初心者の方(2回目)が来られました。
最初の方は調子よくて
1週間ちょっと前にできなかった課題が
どんどん一撃できていました。
「体の振り」なんかが教えなくても自然にできているので
上手くなりますよ。
とにかく最初は辛抱も必要。
周りの人にもじゃんじゃん話しかけて
どんどん仲間を作って上達してください。

 さてさて、私はビギナークラスの決勝2本目に出題予定だった
幻の決勝課題にトライしました。
(決勝1本目で勝負が決したのでお蔵入りとなったもの)
25手くらいの課題でその長さはボルダーというよりルートに近いです。
なんとか本日無事完登できました。
レストの技術がだんだん上手くなってきたように思います。

 涼しくなってきて
これからどんどんトレーニングできます。
皆で上手くなりましょう。
[PR]

by msya777 | 2007-09-26 22:43 | riverside wall

コンペの模様

2007年9月24日開催のミニコンペの模様です。

a0037542_1922330.jpg

ビギナーでいきなりランジ課題です。
ビギナーで勝負を分けた課題となりました。
最後まであきらめずに打ち込んでください。

a0037542_19234814.jpg


a0037542_19235860.jpg


a0037542_192484.jpg


a0037542_19241737.jpg

昼休みは恒例のカレーでした。
後半戦に備えてか、おかわりする人が少なかったです。

a0037542_19242759.jpg


a0037542_19243673.jpg

後半はネチっこい課題が多かったです。

a0037542_19244770.jpg

傾斜の緩い壁でネチネチしたムーヴの課題に
皆さん結構手を焼いておられました。
Y田さん、MAXパワーで背中の筋肉がすごいっす。

a0037542_1924585.jpg

[PR]

by msya777 | 2007-09-24 19:27 | riverside wall

ミニコンペ終了致しました

 本日、ミニコンペが開催されました。

 遠くは宮崎県、熊本県からの参加がありまして
遠路遙々お越しくださった方は大変お疲れ様でした。
厚く御礼申し上げます。

 とりあえずリザルトを載せます。

Aクラスのリザルト
a0037542_18464789.gif


ビギナークラスのリザルト
a0037542_1847996.gif


 Bクラスは参加者が2名で参加者少数のため
Aクラスに入ってもらいまして
2部制での開催になりました。

 Aクラスは県外組に優勝、準優勝を持っていかれました。
ちょっと残念で、悔しい思いをしました。
リバーサイド勢の参加も少なく選手層の薄さを露呈した形になりました。
これはなんとかしないといかんですね。
ホールドの形状を知り尽くしているホームの方が
上位に食い込んでくるようにならないと・・・。

 Bクラスについては鹿大山岳部勢とN川さんが8課題で決勝進出しました。
慣れないオンサイト形式の決勝ながら
鹿大山岳部のI佐見くん(1年)が1手差で優勝しました。
あと1手を出せたところがよかったように思います。
彼は予選前半タイムアップ寸前でランジ課題を成功させるなど
調子も乗っていたように思います。
これからも頑張って欲しいですね。
鹿大山岳部OBとしてはどんどん強い人がでてきてくれると
うれしいですね。

 さて、2週間ほどうなされ続けた課題作りでしたが
本日の課題はどうだったでしょうか。

 まず反省としては
前半に難しい課題を持ってきて
後半に簡単な課題を持ってくるはずが
Bクラスの課題をスライドさせたために
全部狂ってしまいました。

 特にビギナークラスに関しては
できる課題、できない課題が後半戦ははっきりしてしまい
しらけたセッションになってしまった。

 Aクラスに関しても
後半戦がやたら難しくて
ちょっと大変だったかも。

 その点は大いに反省しました。

 決勝についてはビギナークラスはちょっとトリッキーなトラバース課題で
なんとか勝負が決してくれました。

 Aクラス決勝については1課題目はまあまあよかったけど
2課題目は同じところで皆がフォールする最悪の展開に・・・。

 もっと観客を含めて
エキサイトできる決勝課題を作りたかった。
この辺は猛省しました。

 自分なりの反省もあるけど
この辺がよかった、この辺が悪かったという
指摘があれば
厳しい指摘も結構ですので
メール info@rswk.net または直接伝えて頂けると助かります。

 次回は10月中ごろにやりますので
暇な方はまた参加してください。

 とにかく選手層をもっと厚くしなければ・・・。

 頑張りましょう。
[PR]

by msya777 | 2007-09-24 19:03 | riverside wall

コンペの準備

 本日は鹿大山岳部の人にお手伝い頂きまして
なんとかコンペの準備が終わりました。

 不安もいっぱいですけど
いいコンペになればと思います。

 クライミングというスポーツはやる気(モチベーション)が
大切なスポーツだと思います。
別に岩を絶対登らなきゃならない理由なんてなくて
絶対登りたい理由付けがなきゃ、クライミングって本当につまんない
スポーツなのかなと思います。
その理由付けが不純なものであってもよいと思います。
例えばコンペで1位になりたいから
クライミングをするっていうのも
それはそれでよいのではないかと思うのです。

 鹿児島でクライミングというものをもっともっと発展させるためには
1.コンペの開催
2.外岩に連れ出す活動
3.ジムの設備面の充実
の3つが今、一番大切なのかなと思います。

 リバーサイドウォールができて1年目はただただ忙しいだけで
余裕がなくて終わってしまいましたが
2年目は上記の3点を重点的に強化していきたいと思います。

 明日のコンペはその一環であります。

 しっかり地道にやっていくことが
これから鹿児島におけるクライミングの発展に寄与すると
信じております。

 さてさて、本日は初心者の方が3名来られました。
2名はテレビを見て、それからネットをみて
来られたとのことです。
もう1名は先週に引き続き来られました。
結構、女性の方で強くなりそうな方がちらほら。
ぜひ長く続けて欲しいなあと思います。

 この頃は初心者を教えるのに
とりあえず8級から教えるようにしています。
というより1日目は徹底的に8級です。

生徒「あの7級を登りたいのですけど・・・」

ニシムラ「ぬぁにーーーー!!、7級なんて10年早いわぁ!!!」

 とまでは言いませんが
簡単な8級から3週間打ち込まないと初心者には登れない
厳しい8級までご紹介させてもらっております。

 とにかく上手くなるためには
数を登りましょうね!
[PR]

by msya777 | 2007-09-24 00:33 | riverside wall