鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

広瀬川中俣(沢登り)

 フリークライミングではないけど
一応レポート。

 自分の入っている山岳会で
沢登りに行かないかと誘われたので
約4年ぶりに沢に行くことにした。

 8月22日、朝6時40分鴨池港発。
入渓点には8時30分ごろ到着。

 今回は車3台で行く。
うち1台は出渓地点の駐車スペースに置く。
この沢は国見トンネルという鹿児島県一長いトンネルが
完成したおかげで沢を抜けると車が待っているという
とてもありがたい沢なのだ。
国見トンネルを称して沢登りのためのトンネルという感じがするほどだ。

 沢の出だしは砂防ダムが3つほどあり
たいしたことがない。
途中より花崗岩のなだらかな滝が連続し
そのほとんどが直登可能である。
滝の中央をボルト1本に頼ってシャワークライミングで渡る
極めて攻撃的な登り方もできる。

 ロープは5回ほど使った。

 最後は落石に注意しながら
やぶこぎで林道に飛び出す。
荒れた林道を5分ほど行くと
あらかじめ車を置いておいた場所に出る。
非常に便利だ。

 久しぶりの沢というのも楽しいものだった。
[PR]

by msya777 | 2004-08-24 02:53 | その他
<< 沢のあと クライミングシューズを洗うの巻 >>