鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

留守でしたがありがとうございました

 本日、昨日と2日間も用事でジムを留守にしておりました。
今さっき戻ってまいりました。
2日間ともたくさんの方にご利用頂きまして誠にありがとうございました。

 さて、2日間何をしていたのかと申しますと
所属している山岳連盟のレスキュー講習会なるものに
出席しておりました。

 2日間、みっちりレスキューの勉強をしてきました。

 皆様が注意して使ってくださっているおかげで
ジムが開設して1年ちょっとの間、
骨折などのケガはゼロでした。
レスキューの技術がここで発揮されないように
安全にクライミングをされるよう強く望みます。

 外岩に行くように皆がなってきたら
レスキュー講習会や安全なボルダリングの仕方の講習なども
やらないといけません。
またマナーアップのための活動もしていかねばなりませんね。

 と思ったりしました。

 12時でレスキュー講習が終わって
せっかく高いフェリー代を払ったので
大隈半島のリバーサイドウォールユーザのI戸さん(桜島)、N谷さん(鹿屋体育大)と
3名で猿ヶ城を攻めてきました。

 猿ヶ城を攻める前に
N谷さんの研究で握力とぶら下がったときの力を測りました。
自分の握力 右40kg 左35kg でした。
ただ今調べたところによりますと男性30代の平均を大幅に下回っております。
(トホホ)
世界の小山田さんもリンゴを握りつぶすほどの握力はないらしいですし
クライミングと握力は関係ないように私は思います。
どっちかというと握るというより指でホールドをひっかけるという感じですから。

 ちょっぴりショックを受けつつ
バイクと車2台で猿ヶ城を目指すも
なななんとバイクがガス欠。

 だけどラッキーなことに
ちょうど坂の頂点だったので20メートルほど押しましたけど
なんとか下り坂になって途中からI戸さんの車に乗せてもらって
大丈夫だった。
最後はI戸さんの車にバイクごと搬送してもらいました。
助かったー。
っていうか偶然にもI戸さんの車はバイクが搬送できる専用車的な車でした。
なぜかバイクを搭載するための板や車内にバイクを固定するバンドも
標準搭載されていた。(レース場にバイクを搬送するための車らしいね)
ホンマに助かったよ。
もし1人でこの道を走っていてちょうど中間部でガス欠やったら
携帯の電波も入るかわからんし、
車の通りもめっちゃ少なくて
雑草生え放題だからさ。
こんなところでガス欠したらマジ泣きしそう。

 ってなことがありまして
なんとか無事に猿ヶ城に着きました。

 最初は下流エリアでちょこちょこ登りました。
右ポケスラブ8級だったかな。
超ヌメって大変悪うございました。
嵐を呼ぶ男 1級
水の中マントル 4級
白目 2級あらため5級?
などをやりました。当然、嵐を呼ぶ男は登れませんでしたが。

 まだまだ水泳客が多くて
びっくりしました。

 あの明日から10月っすよ。
野外で泳いでいる季節ではないのでは・・・。

 地球は確実に温暖化している
と思った今日この頃でした。
[PR]

by msya777 | 2007-09-30 20:16 | riverside wall
<< 新ホールド入荷しました! 大潮ですね >>