鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

工事

 マントル壁の解体を行いました。

 まずマントル壁付近のホールドを外しまして
マントル壁のコンパネを剥ぎました。
ボンドできっちり固定していたから
コーススレッドのネジを外すより
木工ボンドの部分の方が厄介だった。

 本日は最強の助っ人、T越さんが来られました。
ご職業はなんと大工。
プロの助っ人のアドバイスを頂きながら
作業は着々と進んでいきました。

 最初の1時間ほどでマントル壁は骨組みだけになりました。

 マントル壁は120度の前傾壁に生まれ変わります。
ここで幾何学の時間。

 2:√3=1960:x
x=
みたいなことを電卓で計算しました。
これをやれば大きな失敗はない。
けどきれいに木材は切れたけど
終了点付近に蛍光灯があって移設工事をしたり
ちょっとした失敗はたくさんあったな。

 本日の作業としては
マントル壁が解体できればよいぐらいにしか考えていなかったが
解体どころか新しく改造された壁に1枚だけコンパネまではれました。

 以外に早く工事は終わるかもしれません。
ちょっと利用者の方にご迷惑をおかけします。

 ただ一部の方はマントル壁解体工事のために
休業するのですか?と聞かれましたが
とんでもございません。
工事は午前中のみです。


 しっかり毎日営業します!


 ので今後ともよろしくお願い致します。

 ちなみに新しくできる壁は
かなり厳しい傾斜で
これから熱い課題がたくさんできる壁になるでしょう。
完成が非常に楽しみです。

 以上
[PR]

by msya777 | 2007-05-28 23:37 | riverside wall
<< 工事2 5.11aいったかな? >>