鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

年齢の下限につきまして

 本日、ちょっとしたことがありまして
リバーサイドウォール鹿児島ご使用の際の年齢下限についてお知らせ致します。

 当ウォールとしては初回に来られた方には全員に書面および書面で
確認していることですが、当ウォールとしてフリークライミングおよびボルダリングという
スポーツを絶対に安全であるという様にはおすすめしておりません。
ボルダリング専用で高さはたった3.5メートルしかありませんが
落ち方が悪いと死を含む危険性があるということを認識して
使っていただいております。

 この安全性について自分で理解できる年齢というのが
当ウォールとしてご使用になれる年齢の下限だと考えます。
小学生以下の方は原則保護者同伴で利用していただくこととします。

 特に壁の裏側などは釘が飛び出ている状態になっており大変危険です。
無断で入ると突き刺さって大ケガをします。
その辺のことが理解できないお子様のご利用はご遠慮いただきたいと考えています。

 ちなみにちょっとしたことというのは
近所の子どもがどうしても「登りたい!」と
駄々をこねました。
確かに興味があるなら登らせてあげたいのですが
ケガがあれば私が訴訟で訴えられます。
それがこの子が勝手にやったイタズラであったとしても
こちらはそういう子どもが入り込まないように
管理しなければならない責任があるとされます。

 「使うならばお父さん、お母さんを呼んできてください。」
と言いましたが、言うことを聞きません。
マットの上を走り回ったり、勝手に扇風機を回したり
やりたい放題。
で、こちらも最終手段で怒りました。
子どもは半べそをかきました。
が、こちらとしてはこの子をケガさせない管理義務があるのです。

 非常にあと味の悪い思いがしました。
興味があって、ハマったらワールドクラスのクライマーになった
逸材かもしれません。
ちょっと残念な思いをしました。
[PR]

by msya777 | 2007-04-27 19:12 | riverside wall
<< 業務連絡(GW中の営業時間) 1手ゲーム 第2戦 >>