鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

1手ゲーム 第2戦

 リバーサイド名物となりかけている1手ゲームですが
昨晩も夜な夜な秘密特訓が行われた。

 1手ゲームのルールをおさらいしてみよう。
リバーサイドの1手ゲームのルールは至って簡単。

・じゃんけんで順番を決める。
・じゃんけんで一番勝った人はスタートホールド、フットホールドを指定する。
・一番勝った人の左隣の人から次のホールドを1手ずつ指定していく。
・フットホールドが必要な場合は適時指定してよい。
・5~10手程度でゴールのホールドを指定する。
・限定などを話し合う。(例えば横壁にスメアをしてよいかどうか等)
・じゃんけんで一番勝った人から取り付く
・じゃんけんで一番勝った人の左隣の人、そのまた左隣の人の順で取り付く
・完登できなかったら3回までトライ可能。

 という感じだろうか。
1手ゲームのバリエーションとして2手ゲーム、3手ゲーム、全手ゲームなども
存在する。

 昨夜の1手ゲームは6名でかなり盛り上がりました。
やっぱり大勢でやると盛り上がりますね。

 ラストがランジで体がぐるんぐるん振られて思わず落ちてしまう課題や
ポケットで厳しい持ち替えの課題などなかなかの名作もできました。

 昨夜は4回やって2課題が1撃、1課題がRP、1課題が完登できませんでした。
まあ来月のコンペに向け盛り上がってきたところです。

 1手ゲームはオンサイト能力の向上になりますね。
誰も分からない課題がその場でポンと出てきて
それをたった3回以内のトライ数で登るわけですから
集中力が養われます。

 こういうのを含めてレベルアップしてくればいいです。
[PR]

by msya777 | 2007-04-26 09:11 | riverside wall
<< 年齢の下限につきまして こういうブログも作ってみた >>