鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

B3セッターセッション2

 宮崎県都城市にある木望峰というお店の
じゃがーウォールという小さなボルダー壁で
恒例のB3セッターセッションに参加してきました。

 リバーサイドで馴染みのK関くんと
同チームで「鹿児島壁職人(かごしまかべしょくにん)」という
チームを結成しました。

 このコンペのユニークなところは
自分らで自分らの登る課題を決めていくというところ。
昨年は激ムズ課題ばかりだった反省から
一人、半分、全員-1名という3つのうち一つから
選べる形式へと改善されました。

 うちらの選んだのは「B壁の半分」という条件でした。
参加人数が21名だったので目指すのは
10名です。
10名に近ければB3セッター賞がもらえます。

 登ることで最強になるのは不可能なので
うちらが取れる可能性があるのは
この賞だけだろう。
二人の考えは一致していました。

 この10名だけ登らせるというのが
微妙に難しいのです。
1名だけなら激ムズ課題を作って
極端に偏った課題を作ればなんとかなる。
逆に全員-1名も超簡単な課題を作っておけば
なんとかなりそう。
最悪自分が登らなきゃ達成できそう(かなりセコいが・・・)

 この10名だけ登らせるという難しい課題作りに
我らが鹿児島壁職人チームは挑んだのであった。

 まずグレード的には4-5級程度に設定すれば
だいたいいけるんじゃないかと。
あーでもない、こーでもない、と考えつつも
リバーサイドで課題作りに慣れているゆえ
意外にスイスイ決まってきた。
ちょっと登ってみた。
悪過ぎもせず、簡単過ぎもせず、
なかなかいい課題ができた。
最後に女性が届かないのではないかと。
ポピュラー賞(最後にみんなの投票で決める)を
ちょっと意識して女性限定ホールドを2つ付け足した。
これでリーチのない女性でもなんとか登れるかも。

 課題名は壁作りおよび課題作りの匠を意識して
「TAKUMI」とした。

 結果は21名が登って13名の完登者だった。
O田氏が自分で作った課題を自分ひとりだけ登られ
B3賞には遥かに及ばなかったが
我ながら絶妙なさじ加減でした。

 あと登る方についてはズタボロでした。

 12課題中、完登が5課題でした。
あと2本くらいは登りたかったな。

 まあ、実力的にはそんなもんでしょ。
って感じでしたが、自分とこで壁持ってて
その成績で満足しちゃいけませんぜ。

 ということで明日から鍛錬の日々です。
もっとハードに
鍛えていきましょう。
O田さんが恐ろしく強くなっていたことに
かなり刺激を受けました。

 まあ、いろいろ事務的なことやら
仕事のこと。
やることが一杯ながら
そんなことを理由にせず、
もっともっと鍛えて強くならねばいかんなあと
思った今日この頃でした。

 また、コンペは主催はしても
参加すること機会に恵まれなくて
また違った視点でコンペを見つめなおすことが
できました。

 いいところは取り入れつつ
鹿児島のコンペも盛り上げていきたいなと
思いました。
また、姶良のOH-Wallの方とも
連携しつつコンペができないかなと
話し合ったところでした。
近々実現できればと思います。

 まあ、いろいろ刺激を受けた
週末でした。

 以上
[PR]

by msya777 | 2006-10-15 22:22 | その他
<< 鍛えよう週間 第1日目 B3セッターセッション >>