鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

暑いのにありがとうございました

 本日は休みじゃない土曜日でした。
12時半に会社を終えて急いでウォールを
開けました。
だるいなあ。

 早速、山岳部OBのマサトくんがきてくれました。
ありがとう。
夏は小川山に行くみたいだから
調整で使ってくださいな。
出水には壁がなく
弱り方が激しいよう。
時間ができたらキャンパスボードでも作りに行こうかな。

 今日はみんな金峰山に行って
3人くらいしか来ないかなと思っていたら
結構大入りでした。
見学者も含めて10名ほど。

 オープンして3週間経ったが
鴨池でも金峰でもお会いしていない方が
かなり増えてきました。
これは鹿児島のクライミング界において
素晴らしく画期的なことであります。

 やりたいときに
すぐにクライミングに触れられる、
そんな環境を私は目指し
リバーサイドウォールを作りました。
その理想に少しずつでも近づきつつあることが
少し見えてきてうれしかったです。

 そして以前このblogにコメントいただいた
banbanさん兄弟(小学生)が登りに来られた。
お母様に教えてあげてくださいって言われましたが
どうやって教えていいか。
というより小学生にExcel教えた経験はあっても
クライミング教えた経験は皆無。
どうやって教えていいやら。

 何が難しいって
リーチ差が大人と倍くらい違うので
大人なら余裕を持って届くところも
小学生は全然届かない。

 あと特徴的なのが手が小さいので
大人で小さめのホールドがガバになってしまう。
うちのウォールにあるオレンジ色のTeknikのカチホールドを
ガバっぽく持っていたのはびびった。
あとdaiholdの1本指ポケットも指が3本入りそうだった。

 逆にスローパーは小学生には全く持てないです。
そりゃそうだわな。
手のひらが小さいと包み込むように持てないですから。

 いろんな発見をしつつ
適当に
「この辺を上まで」
って感じで登ってもらった。
子どもは適応が早く、自分らでそれなりに課題らしきものを
作って登るんですね。
いやー、びっくりしました。

 そうそう子どもの時からクライミングに触れてもらい
少しでも楽しさを分かってもらったら
この後の鹿児島のクライミング界も
明るいなあと思います。

 日本サッカーが少年サッカー、ひいては幼児サッカーまで
普及させて選手強化を行い、底辺拡大をはかって
成功している。
クライミングもそれに習って
若手を伸ばしていかないと
いけないなあと思った今日この頃でした。

 暑い中、皆様お疲れ様でした。
[PR]

by msya777 | 2006-07-29 22:15 | riverside wall
<< お盆休み チームやまぼうず結集 >>