鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

下るトレーニング

 昨日、コンペ後の飲み会で
準優勝したO崎君に聞いてみた。
どうやったら上手くなるの?

 そしたら
ルートとボルダーを3ヶ月ごとに
交互にやっていくとよいらしい。

 ルートで行き詰ったら
ボルダーでムーヴを鍛える。
ボルダーだけではスタミナがなくなるので
再びルートでスタミナをつける。

 どちらか片一方ばかりやると
実力停滞に陥ってしまうらしい。

 あとルートは持久力が必要なんで
ちょっと怖いけど練習の最後はルート壁を
クライムダウンして腕をパンパンになるまで
パンプさせることが大切だよと言っていた。
ルートを練習するときは
いかにパンプさせるかが重要らしい。

 いろいろ勉強になりました。
ちょっと参考にしてみます。
[PR]

by msya777 | 2005-03-14 23:01 | その他
<< コンペ後 コンペの反省 >>