鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

コンペが無事終了しました

 昨日鹿児島フリークライミングコンペ2005が
無事終了しました。

 小雪が舞い、北西風が強くて
すごく寒い日で本当に大変でした。
皆様、お疲れ様でした。
皆さんのご協力なしではこんなに大きな大会を
鹿児島で開くことは不可能でした。
この場をお借りして御礼申し上げます。

 いや、いや、堅苦しい話はそれくらいにして
面白いコンペだったね。

 まず、カテゴリCだけど
2ルートあって
左は初心者に登らせるルート。
右は適当に落とすルートでした。
このルートの具合が絶妙でして
両ルートを完登したのは4名でした。
このルート作成には私も試登で
関わったのでセッター側の目論見どおりだったと思います。

 カテゴリBは多久高校、小林高校、鹿児島実業高校の
高校生の独壇場でした。
予選のルートは7名に完登されてしまいました。
決勝ルートは手数を長くするために
蛇行させたルートをショートカットする人がいて
びっくりしましたが、
完登者は2名でした。
鹿実のM津君が2位で大健闘したのは
すばらしかったと思います。
前々日に話をしたときは多久高校には勝てそうにないし
最近ルート壁を登っていないので
自信ないと言っていたのにそんなことはなくて
すごく力強い登り方をしていました。
鹿児島勢で一番健闘してくれたと思います。

 カテゴリAは県外組の強さが際立ちました。
特にO形くんとO崎くんの多久高校OBによる
先輩、後輩の対決は見ものでした。
予選のルートなんかわざと宙ぶらりんになったり
キャンパシングで足を使わずに登ったりして
遊んでました。
まあ、これだけ見れただけでも
コンペを開催した甲斐があったってものです。
結局、決勝もこの2名は完登。
スーパーファイナルも完登しちゃうかなと思っていましたが
ラスト3手で後輩のO崎くんフォール。
O形くんも最後の1手でフォールしました。
経験の差でO形くんの優勝。
最後の3手は、本当に白熱した登りで
感動しました。

 いい感じで実力差がきちんと出せるルートを設定した
フクフク君とO田さんには感謝感謝です。
まあ、いろいろあって途中でルートを組み替えたり戻したり
大変だったと思います。

 このコンペのことはこれからどんどん口コミで
広がってくると思うし
これに刺激を受けてクライミング始める人が
増えてくれればなあと思います。

 最後に、
次回のコンペはおいらが出たい。
見ているだけじゃなくて
自分も登りたかった。
これが本音ですかね。

 まあ、終わってほっとしました。
これからも鹿児島のフリークライミング界の発展のため
みんなでがんばっていきましょう!
[PR]

by msya777 | 2005-03-14 05:57 | その他
<< コンペの反省 ランジの課題 >>