鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

あれ平日じゃなかったっけ?

 今日は金峰山へ行った。
え!今日は平日じゃなかったっけ?
そう、お世話になっている高校が入学試験で
非常勤のおいらは休みだったの。
4月から職場が変わるよって
懸命に遊ばせてもらうことにしました。
「懸命に遊ぶ」なんていい言葉だろう。
私にとっては貴重なクライミングの時間、
有効利用しなきゃもったいない。

 朝から車を飛ばして金峰山へ行く。

 雪!

 そういえば土曜の晩に降った雪が
錫山トンネル付近から道路わきにたくさんあった。
金峰山の山頂付近はところどころに残雪がある状態。
道路にも積もっており
山頂から不動岩下に下る車道は
ギアを1速に落とし徐行したが結構車体がブレて怖かった。

 駐車エリアには見慣れぬ車があった。
福岡から来たSさん。
国道を6時間かけてわざわざ金峰まで来られたという。

 しかーーーーし、
岩は雪でずぶ濡れだった。
金峰において雨でずぶ濡れは日常的でも
雪で濡れるなんて年に何度あることか。
岩についた雪がじわじわ溶けるものだから
一番乾きのよい大岩でもじっとり濡れていた。

 せっかく福岡から来れれたので
下手くそながら金峰のボルダーを案内させてもらう。

大岩
Akiko  8級
浜ちゃん  4級
Junichi  3級
を登る。
Junichiiは二人でああでもない、こうでもない、
あり得ねぇーーーー!
とか言いながら打ち込んだ。
ほぼ4時間 大岩Junichi に明け暮れる。
私はやはり核心のムーヴが解決しなかった。
左足がうまく切れないのである。
修行が足りんですな。

 このトラバース課題は腕のスタミナが必要。
ムーヴを繋げて完成するという段階においても
かなり苦労しそう。

 そうこうやっているうちに
他の岩もいい感じに乾いてきた。
せっかく遠くから来られたので
他の岩にも触ってもらう。

トラ岩 グッバイカゴシマ 4級

 ヒールフック技術の未熟さを思い知る。

パンダ岩 コパンダ 3級

 離陸でお尻が微動だにしなかった。
Sさんも「あり得ない3級だ」と
びっくりしておられた。

シシ岩 イノ 8級

 この課題は私が考えるに「日本最難の8級課題」だと思う。
詳しくは今度写真で説明しますが
Sさん、結構楽しんでおられた。
マントルを返すところの微妙な緊張感がすごく楽しいらしい。
おいらはヒールフックが苦手なので
できない課題なんだけどぜひ打ち込んでみたい課題である。

 以上、いろいろやって
楽しかったです。
他の地域から来られると
違ったムーヴや情報が聞けて
本当に楽しいです。
[PR]

by msya777 | 2005-03-08 23:57 | 金峰山
<< クライミングコンペ参加者 なん... コンペのエントリー締め切りました >>