鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

本匠クライミングツアー 1日目

 私はまだ5.11台のルートを
レッドポイントしたことがない。

 まあ、人工壁では何本かすでに5.11を落としているが
自然の岩場では5.11のルートを登っていない。
平日は人工壁、休みはボルダリングを中心に
トレーニングしているため
自然の岩場で5.11のルートに触る機会が圧倒的に少ないからだ。

 1月8日の夜に出発し、本匠村に着いたのは午前0時半。
水車の前の駐車場にテントを張る。
寒い。

 1月9日。
非常に寒かった。
天気は曇。
魚道エリアに行く。

 魚道エリアには昨年9月に涙を飲んだ
元気の出るカンテ 5.11a がある。
自分の中ではぜひ登りたいルートだったので
川沿いを吹き抜ける寒風にもめげず
トライすることにした。

 とりあえず、1回目取り付いてみる。






 寒い。







 非常に寒い!!







 指先から岩に体温を奪われる。
岩にしがみついているだけで
指先の間隔が失われていく。

 生まれてはじめての間隔だ。

 2ピン目であえなく敗退。



 かなりヘコんだ。
以前より登れなくなっている。


 2回目にトライする。
各駅停車ながらなんとか終了点まで行けた。

 3回目のトライ、
ちょっとテンションが減る。
いい感じだ。
幾分あたたかくなって体も動いてきた。

 4回目のトライ。
2ピン目ではがされそうになるがほぼ足ブラで強引に立て直す。
そこから4ピン目付近の穴の中で左手をアンダーで取って
右手をガバに飛ばす核心。

 おりゃーーーーーーーーーーーーーー!

 もうそこから気合いの世界。

 ほとんどこの時点で指の体温を奪われ指先の感覚はなくなり、
腕もパンプして消耗しきっていた。

 穴の中に肩まで腕を入れて十分レストする。
左右何度もレストした。

 あとは傾斜がゆるんでいるので
簡単なのだが指の感覚はほとんどなくて
いっぱいいっぱいだったけど無事登れた。

 初めての5.11レッドポイントだった。
素直に嬉しかった。

 いろいろムーヴを教えてくださったO田さん、
励ましてくれたT君に感謝感謝であります。

 今度はもっと楽にこのルートを登れるようになりたいです。
「ウォームアップで元気いっとく?」
って感じで取り付けるようになりたいですな。

 次にブラザーズ 5.11b という
魚道エリアでは一番右端の短いルートに取り付く。

 3ピン目から4ピン目の間の1ムーヴが悪いだけのルートなのだが
何度も打ち込んだが登れなかった。
3時半ごろ、終了する。
[PR]

by msya777 | 2005-01-10 23:34 | その他
<< 本匠クライミングツアー2日目 気合だぁー! >>