鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

矢杖のボルダーはすごい!


 今日も飽きずに金峰ボルダーへ。
午前中は雑用があったので
午後からのスタートだった。

 今日はまず林道ボルダーへ行った。
実は1週間ほど前に偵察に行っており
ちょっとだけ触ってみたいと思った。

 林道ボルダーで私がチャレンジできる課題といえば
8級のやつが一本ある。
それだけできればいいと思って
いざとりついてみると
抜け口が高けーのなんの。

 マット1枚にスポッターなしでは
もし落ちたら捻挫、打撲は免れない、悪けりゃ骨折だよ。

 無理せず、4手進んだ時点であきらめた。
「屁たれ」と言われようが何と言われようが
ダメなものはダメ。
あきらめのよさ、見切りの速さで
おいら長い間アルパインクライミングやって
長生きしてきたんで。
ケガなくやることが上達の早道です。

 その他、4級課題が林道ボルダーにも2本あったが
どこから取り付いていいのやらイメージがわかなかった。
この辺はもっとうまい人と来て教えてもらわねばと思った。

 気をとりなおして不動岩下のエリアへ。
すでに若い衆が3名ほど来ていた。
みんな熱心やねー。



大岩
AKIKO  8級 ○
浜ちゃん  4級 ○

トド岩
マッキー  6級 ○

そろり岩
ポロリズム  5級 ×
チラリズム  6級 × 苦手だー。


 チラリズム 6級に打ち込んでいるのですが
核心と言われる右手のホールドを取ってから
足がうまく動かんのです。
ただ、フクフク君にアドバイスされてわかったのですが
右手の持ち方がタンドゥではなく
アーケにすればちっとは安定するような気がした。
ちょっぴり進歩かな?

 そんなことやってたらフクフク君をはじめ
若い衆が矢杖に行くって言うんでついていった。

 結構、不動岩下のエリアから矢杖って遠いです。
車で20分くらいはかかります。
かなり荒れた林道の奥からさらに5分ほど入った場所に
矢杖のボルダーはあった。

 見た瞬間すげーの一言。

 昔の言い方をすれば
「岩屋」という言い方がぴったりだろう。

 日本でも最も難しいとされる課題がここにあるのだ。
傾斜は140度くらいあって
5メートル以上張り出している。
そのスケールにただただ圧倒された。

 ここで四段を一本ほど落としましたって
書きたいとこですが、張り付くことすらできなかったです。
よって横の矢杖じゃがいも岩に張り付きました。

矢杖じゃがいも岩
10級  ○  右足の位置がポイント、左へ行くと難しい。
じゃがいも 5級 ○ 3撃。周りの雰囲気で登らないかんと思ったら登れた。
ポテト  3級 × 立つことすらできず。コパンダっぽい。
5級  ×  これまたスタートの1手までが極めて悪い、立てなかった。

 とここまで。

 まだ圧倒的に指が弱く
情けないやら、悔しいやら(泣く)

 もうちょっと指を気にしながら
トレーニングしないとね。

 でも矢杖ボルダーを見たら
上には上があるっていうか
いつかここの課題をクリアできる日がきたら
本当にうれしいだろうなあと思う。
まあ、5年かかるか10年かかるか分からないけどね。
もしかしたら一生無理かもしれんけど。
まあ憧れは憧れとして
持っていたいなあと思います。
[PR]

by msya777 | 2004-11-23 20:57 | 金峰山
<< 秒読み 秋の夜長 >>