鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

比叡山 Ⅲ峰 左方カンテ

 今日は西都山岳会の方々と登ることができた。
Ⅲ峰のルートをやろうと言われたのでついていく。

 取り付きは水場近くのトンネル上から。

 取り付きに行くと早速、佐賀の会の方々が登っていた。
登るのを見ているとボルトがえらく遠い。
8メートルくらい上がらないと1ピンが取れない。
落ちたら複雑骨折は免れないだろう。
こぇーよ。

 ザイルパートナーは西都山岳会の
K木さんとN村さん。どちらも女性。
とにかくよーしゃべる方々だった。
そしてえらく明るい。
「落ちるかもしらんよ、ハハハ」
って
笑って言うことかいなとツッコミを入れたくなるほど。

 1ピッチ目。
Ⅲ級のホールド、スタンスの豊富なスラブを右上する。
しかしボルトがたった1本しかないよー。
ビレーしていても落っこちないか冷や冷やする。
取り付きは昨日の雨でぐっちょり濡れていた。
ソールをズボンで拭く技を習得した。

 2ピッチ目。
核心のハングがびっしょり濡れている。グレードにしてⅥ+。
どうやって越えるねん。
と思ったら、濡れている場所だけボルトにスリングをかけ
アブミ代わりに使ってA0で乗り越える。
それから強烈に傾斜が強い場所を
レイバックで乗り越える。
超怖かった。
それから快適なハンドクラックがあり、
レイバックで快適に直上する。

 3ピッチ目。
ピッチの切り方が不自然だったため
5メートルほど登ったテラスで区切る。

 4ピッチ目。
快適なフリクションを効かせて登る。
レイバックが決まる。
このルートはⅠ峰南面とは違い
レイバックをよく使う。

 5ピッチ目。
ここで初めてリードさせていただいた。
ボルトは普通にあったが
人工壁に慣れていたので
怖かった。
なんとか落ちずにリードできた。

 6ピッチ目。
核心の5.10cのスラブである。
とにかくホールド、スタンスが細かい。
めちゃめちゃ細かい爪しか引っかからんようなホールドで
足はフリクション頼みでじわじわ上がる。
怖いのなんの。
右手にカチホールドがあってそれでこらえながら
足をじわじわあげていく。
ほとんどスタンスらしきものはない。
左手でガバを取るまでが非常に厳しかった。
でも5.10cのスラブをセカンドとは言え、落ちずに行けた。
かなりレベルアップしてきたぞ!と思った。
最後は見晴らしのよいテラスに出る。

 後ろのパーティが着くのを待って
下山は踏み跡があり、
15分ほどで駐車スペースに着いた。

 何か充実したクライミングだった。
教えてくださった
西都山岳会の方々に感謝、感謝。
それまで比叡山と言えば
Ⅰ峰周辺しか登ったことがなかったが
Ⅲ峰にも面白いルートがたくさんあることがわかった。
何か新しい領域が拓けたような感じだった。
[PR]

by msya777 | 2004-10-11 12:45 | その他
<< キャンパスボード 比叡山 3KNスラブ >>