鹿児島のフリークライミング(リバーサイドウォール鹿児島)


鹿児島のボルダリングジム「リバーサイドウォール鹿児島」の日常を綴ったBlog。鹿児島にクライミングを根付かせるため日夜努力しています
by msya777
カテゴリ
全体
リバーサイドウォール鹿児島
riverside wall
金峰山
鹿児島ボルダリングセッション
鴨池ボード
大隅自然の家ボード
トレーニング
ボルダリング
猿ヶ城ボルダー
鹿大ウォール
鹿大セッション
オススメ課題帳
その他
お知らせ
以前の記事
Link
リバーサイドウォール鹿児島
ジムの公式ホームページです。


鹿児島大学山岳部
手前味噌ながらなかなか頑張っているページです

製作者のひとりごと
昔のクライミングの話と最近思ったことなどいろいろです



鹿児島のフリークライミング

ボルダリング関係のリンク



鹿児島クライミングの日々

いつもお世話になっているフクフク君のページです。ボルダリングの写真がたくさんあり刺激になります。

フリークライミング・ボルダリングの上達法

クライミングの上達法に関したウェブサイトってあまりないですよね。ないなら自分で作ってしまおうと思ってちょっと作ってみました。
最新のトラックバック
こんにちは
from トラックバック歓迎  株レモン
アイが言ってた堀江ちゃんの娘
from 堀江を切る悪者達
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

東京へ

皆様こんにちは。クライミングパートナーズ株式会社の西村です。
本日は所属山岳会の会議で東京にきてます。
この頃は忙しくて疲れがたまっているところに今朝は5時50分起きだったので眠さとの戦いとなっています。
いやはや会議は明日まで。眠さに負けぬよう頑張ります。
少人数私募債ですが昨日三名様から引き受けのお申し出がありました。37口ほど出資が集まり目標まであと11口です。たくさんの出資をありがとうございます。皆様のご期待にこたえられるようがんばります
[PR]

# by msya777 | 2009-02-21 16:51 | その他

東京

おはようございます。リバーサイドウォール鹿児島の西村です。
東京に居ます。東京ではマラソンをやっているようです。
明日から御岳、あと山岳会の知り合いが幕岩に連れていってくれるらしいです。楽しみです。
ジムはあいておりますのでご利用よろしくお願い致します。
[PR]

# by msya777 | 2008-02-17 10:56 | その他

ブログの移転です。

 突然ですが、「鹿児島のフリークライミング」ブログは
装いもあらたに「リバーサイドウォール鹿児島」ブログとして
再出発致します。

アドレスはこちら
http://main.rswk.net/

 ブックマーク等してらっしゃるかたは
再度ブックマークしなおしをお願い致します。

 それにしても約4年間、1388件の記事を書きました。
実に長かったですね。

 最初は自分個人が書いているブログから
クライミングのコンテンツを独立させる形で
誕生したブログでした。

 ほとんど自分のトレーニング日記だったのですけど
鹿児島のクライマーでブログをつけている人が珍しかったためか
だんだん検索エンジンで引っかかるようになり、
一時期は「あのブログは誰がやっているのか?」と
クライマーの中で噂になるほどでした。

 だんだん知られるようになりましてアクセス数も増えました。
その後、リバーサイドウォール鹿児島をつくることになり
業務日誌的な内容が増えてきました。

 で、ここらで気分転換も含めて
引越しをしようと思ったわけです。

 ブログを引っ越すって私にとっては特別なことでもないです。
古い皮を脱ぎ捨て大きくなるような
うーん、いわゆる脱皮のような感じでしょうか。

 やっぱり拡張性とかいろいろ考えると将来性のないブログサービスを
長々使ってもしょうがないなと。
確かに検索エンジンの対策とか考えると今のままのほうが
短期的にはよいのだろうけど
長い目で見れば移ったほうが絶対よいだろうと考えました。
新しくなれば動画との連携が取れるし
写真もたくさん載せられる。
そんなことを考えて
新しいブログに引っ越します。

 また新しいブログもよろしくお願い致します。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-20 20:34 | riverside wall

ラッキー賞抽選の模様

 ラッキー賞の抽選を行いました。
抽選の方法はタフネス賞、新人賞、一日王者賞、タフネスクィーン賞受賞者を除く
参加者の名前を記入した紙を作りました。
a0037542_23362252.jpg


 この紙を持ってタワーの最上部へ行き
いっせいに後ろに投げました。
a0037542_2337774.jpg

 白い紙が舞っているのが赤丸印にあるんだけど
わかっかなぁー、わかんねぇだろうなぁー。
心霊写真並に不鮮明。いや、あそこにオレンジのホールドがあるはずなのに
白く隠れているって、分かる人にはわかってもらえるはず。
この写真をセルフタイマーで撮るのにTake4まで頑張ったんだけど・・・トホホ

 で、背後に一番飛んだ人がラッキー賞です。

a0037542_2338368.jpg


 ほとんどの紙がマット上で失速する中、
一番飛んだのは
a0037542_23391729.jpg


 1人だけマットゾーンをオーバーする飛距離を見せた
Kuramotoさんでした。
ダントツに飛んでいましたので
ラッキー賞決定です。

 うーん、とりあえず後からクレームがきたら嫌なんで
抽選の仕方も公表しておきます。
しっかり抽選しましたぜ。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-19 23:40 | riverside wall

最終日

 7days Sessionも最終日となりました。

 最終日は大どんでん返しが起こりました。
Iwato選手が参加しまして29課題完登しました。
一日王者賞を獲得。
なんともすごい登りでした。
続いてHazeyama選手も19課題を登りました。
たった2時間で19課題完登もすごかったです。
この2名の参加で荒れ模様となりまして
さっきやっと採点が終わりました。

 今日はたくさんの参加ありがとうございました。

リザルトです。

総合
a0037542_2249861.gif


 以上のようになりました。

表彰

タフネス賞
1位 Nakamura選手 1107.8pt 43課題完登
2位 Araki選手      487.8pt 35課題完登
3位 Torigoe選手    390.3pt 31課題完登

一日王者賞
Iwato選手 29課題完登(10月19日)

新人賞
Hirota選手 173.0pt 21課題完登

タフネスクィーン賞
Nakasaka選手 70.2pt 11課題完登

ラッキー賞
Kuramoto選手

以上のように決まりました。
上記の選手はささやかながら賞品がございますので
1週間ぐらいをめどに西村のところまで
取りにきてください。

 1週間のコンペで20名の選手が参加してくれました。
最後の1日は超盛り上がりました。
本当にありがとうございました。
ラストの1時間で登れた課題があったり、
最後30分過ぎてから新しいムーヴが見つかったりして
本当に楽しかったです。

 まだいろいろ改良点があると思います。
その辺の感想をこそっとでもいいから
西村まで教えていただけたら助かります。
スーパーFモード等は結局全員未使用で終わっちゃいました。
その辺も反省点でしたね。

 結構モチベーションがあがって
この1週間で相当強くなったなあと思う人も
いましたね。
これぐらいのコンペで強くなるなら
課題作りは大変だけど時々やっていこうと思いました。
また次回のコンペの時はよろしくお願い致します。

 皆様、大変お疲れ様でした。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-19 23:27 | riverside wall

6日目

 1週間コンペも終盤戦。
今日は上位争いは大きな変化なし。
というか上位グループの人は誰も来なかった・・・。
1位はもう確定した感がありますが
新人賞、タフネスクィーン賞等もありますので
頑張ってください。

Nakamura   982.1pt  40課題
Araki       512.1pt  33課題
Torigoe     499.6pt  31課題
Tsuruta     478.8pt  32課題
Haraguchi   216.0pt  21課題
Yasuda     208.4pt  17課題
Kuramoto   203.5pt  20課題
Nishikawa  173.8pt  18課題
Hirota      166.2pt  18課題
Moribe     151.9pt  17課題
Matsuo     79.2pt  11課題
Tasaki      78.1pt  11課題
Yano        68.8pt  10課題
Nakasaka    58.8pt   9課題
Goubayashi  54.6pt  8課題
Nakagawa   22.9pt  4課題
Iwaida       22.5pt  4課題
Tomoda      22.5pt  4課題

 以上 本日までの結果です。

 さて、今回のポイントシステムは100ポイントを完登者数で割って
計算されています。
ゆえに毎日エクセルにデータを打ち込んでほぼ自動で計算しているのですが
自分でも分からんような数字のトリックがあります。

 例えば今日は参加していないのに順位が変動しているとか
もしかして計算ミスかなと思って確認したりすると
なんだこういうことか、みたいなことが分かります。

 Yasuda選手とKuramoto選手の順位が本日は出場していなかったにも関わらず
入れ替わってしまっています。
なんでかなあと思って確認したら
Yasuda選手は22番課題のポイントが2名しか完登者がおらず50ptもあります。
一方、Kuramoto選手は本日参加して結構登ったHaraguchi選手が
ほぼ同じ課題を登ったために相対的にポイントが下がってしまいました。

 管理者もわからんくらい複雑なポイントでして
明日はどうなることでしょう。
ライバルを蹴落とす?には電卓持参で来ないといけませんね。

 さてさて、今日は探検部と山岳部の1年生が登っていました。
ハマっていた課題は63番課題です。

 この課題は110度壁から135度壁まで約12メートルを延々トラバースするという
課題です。
特に難しいムーヴはないのですが、約16手ある手順のうち13手目付近に
核心がありまして、ここで落ちると肉体的、精神的なダメージがすごいです。

 表現するならアリジゴクのような課題です。

 もがけばもがくほど深い穴にハマっていくような感じです。
どんどん体力を吸い取られていきます。

 3名で何度もトライしていましたが
結局誰も完登できなかった模様。

 完全者が2名しかおらず、難しいムーヴもないゆえ
63番は結構ねらい目かもしれません。
ただし、1発で決めないとパンプして他の課題にトライすることが
非常に困難になります。

 明日はどういう戦術でくるか楽しみです。

 あと「スーパーFモード」と「神の手モード」を使っている方が
誰もいらっしゃいません。
誰が使うのか、見ものでございます。

 さあ、あと1日、がんばっていきましょう!
タイムアップは明日の22時00分の予定。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-18 22:23 | riverside wall

下克上

 本日のこと。
探検部の人たちが3名ほど
コンペ課題に打ち込んでおられました。

 コンペ課題14番。

 垂壁から離陸し、
カンテを3回ほど叩いて
135度壁の緑スローパーに両手をマッチする。

 その後、赤色ゴールへ
横っ飛びランジ。

 という課題。(かなりクセがある)

 3名でマシンガントライしていたのですが

 うぉりゃーーーー!

 と飛んで止めたのは1年生。

 ・・・

 ・・・

 ・・・

 その場が一瞬凍りついた。
先輩としては一番避けたかった展開だ。

 その後、必死になって
先輩の意地のランジで
ようやく面目は保たれました。

 そのほか、コンペでは
「ガンバ、ガンバ!」
目つきは落ちろビーーーーーーム!

 みたいなのもよく見ます。

「ガンバ、ガンバ!」(落ちろビーーーーーーーーム!)

「あ、惜しい!」(よっしゃ!落ちた!)


 人間の裏側が見えるのがコンペです。
楽しいコンペもあと2日。
疲れがたまっておりますので
ケガのないようにお願いします。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-17 23:04 | riverside wall

セッション5日目

 セッション5日目。
ちょっと1位は独走になってしまいましたが
2位以下はダンゴ状態の混戦です。
ライバルを振り落とそうと
仕事をやりくりして通われているかたもいらっしゃるほどです。
そのモチベーションが実力UPの元になりますよ。
頑張りましょう。

 では、本日の結果です。

Nakamura   1023.7pt  40課題
Araki       553.7pt  33課題
Torigoe     534.4pt  31課題
Tsuruta     520.3pt  32課題
Kuramoto   233.5pt  20課題
Yasuda     225.9pt  17課題
Nishikawa  204.2pt  18課題
Moribe     175.9pt  17課題
Haraguchi   112.3pt  12課題
Hirota      108.0pt  12課題
Matsuo     90.5pt  11課題
Yano        79.4pt  10課題
Goubayashi  61.4pt  8課題
Nakagawa   25.9pt  4課題
Iwaida       25.4pt  4課題
Tomoda      25.4pt  4課題

 以上のようになりました。

 2位争いは大混戦です。
Araki選手が一気に2位にあがってきました。
ポイント差で2名が追走するというおもしろい展開です。
これは最終日にかかっているかもしれません。

 あと2日。
頑張りましょう。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-17 22:51 | riverside wall

セッション4日目

 1週間セッションも4日目。
後半戦突入です。

では4日目の中間報告です。

Nakamura   1170.8pt  40課題
Torigoe     639.8pt  31課題
Tsuruta     529.1pt  29課題
Araki       350.8pt  24課題
Kuramoto   270.6pt  20課題
Yasuda     251.2pt  17課題
Moribe     184.9pt  17課題
Nishikawa  155.2pt  15課題
Haraguchi   119.2pt  12課題
Matsuo     96.1pt  11課題
Yano        85.0pt  10課題
Goubayashi  65.4pt  8課題
Nakagawa   27.7pt  4課題
Iwaida       27.1pt  4課題
Tomoda      27.1pt  4課題

 ここにきてNakamura選手が40課題で独走態勢を築いております。
本日も4課題を登りました。うち3課題で100ポイント独り占めです。
これを阻む者があらわれますでしょうか。

 だんだん消耗戦になってきまして
登っている最中に
「指がつったぁーーーーー」
と苦しんでいる人もいました。

 指がつるってすごい痛いですよね。

 疲労が蓄積しております。
ケガには十分気をつけましょう。

 後半戦も頑張りましょう。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-16 22:27 | riverside wall

沢エリア

 本日はお休みでして
金峯山に行きたくさん登ってきました。

 いつも行く不動岩下ではなく
沢エリアに行きました。

 なかなか楽しいエリアです。

 が、1年くらい誰も入っていなかったゆえに
かなり荒れてしまいました。

 フクフク君から岩場の整備は任せたと言われましたので
今度からぼちぼち通ってコケ落とし等を
やってこようかなと思います。

 岩場もそこに普通に存在するわけではなく
開拓した人や整備する人があってこそ
皆が楽しく登れるわけです。
その辺の感謝の意を忘れずに登っていきたいなと思います。

 岩に登りたいという時間を割いて
岩についた泥や落ち葉をブラシなどで丁寧に除去するのは
大変な作業です。

 特に金峯山は植物の生育が激しくよいので
2年前にはあった営林用の作業道も跡形もなくなってしまいます。

 まずはアプローチ道の藪を刈ることから
ぼちぼちやっていきたいと思います。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-15 19:16 | 金峰山

第3日目リザルト

 1週間コンペも3日目となりました。
今日は結構な人数になりました。
たくさんのご来場誠にありがとうございました。

 早速リザルトです。

Nakamura   884.1pt  36課題
Torigoe     703.2pt  31課題
Tsuruta     592.5pt  29課題
Araki       359.1pt  24課題
Kuramoto   279.0pt  20課題
Yasuda     256.4pt  17課題
Moribe     173.3pt  16課題
Nishikawa  162.2pt  15課題
Haraguchi   130.8pt  12課題
Matsuo     101.3pt  11課題
Goubayashi  70.2pt  8課題
Yano        29.8pt  4課題
Iwaida       29.1pt  4課題
Tomoda      29.1pt  4課題

 以上でした。

 順位がめまぐるしく変わります。
特にラストに計算しないと誰が1位か分かりません。
登った本数でだいたい分かるんですけどね。

 今日は午前中から来ていたNakamura選手が7課題を上積みしました。
ちょっと独走体勢に入っています。

 誰かが大きくラッシュをかけて
独走を阻むか
これからも目が離せません。

 さて、今日は久々にフクフク君がこられました。
勉強の方がひと段落したみたい。
かなり弱っていると本人は言っていましたが
どうしてどうして。
相変わらずの柔らかい無駄な力の入っていない登りでした。
3級くらいの課題をたくさん作ってもらったので
後でやってみます。
楽しみだ。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-14 19:19 | riverside wall

2日目リザルト

 妙に盛り上がってきました
7days Sessionです。
今日は姶良のOH!WALLよりエントリーがありました。
遠いところわざわざお越しくださいまして
誠にありがとうございました。

 早速2日目のリザルトです。
Tsuruta     768.0pt  29課題
Nakamura   751.7pt  29課題
Yasuda     420.0pt  17課題
Kuramoto   415.0pt  20課題
Torigoe     351.7pt  20課題
Haraguchi   171.5pt  12課題
Moribe      144.8pt  12課題
Matsuo     122.4pt  11課題
Nishikawa   119.1pt  11課題
Goubayashi   40.5pt  5課題
Yano        32.2pt  4課題
Iwaida       31.4pt  4課題
Tomoda      31.4pt  4課題

 以上です。

 2日目にしてTuruta選手が29課題で暫定首位になりました。
2位にはYasuda選手が課題数が少ないながらポイント差で暫定3位に
なっております。
ポイントは課題の100を完全登者数で割って計算されておりまして
皆が登れば登るほど点数が減るという形式となっております。
ゆえに最終日までポイントが何ポイントであるかわかりません。
難しい課題を挑戦すればそれだけ優勝のチャンスがあります。
頑張りましょう。

 さて、あと時間はたっぷりありますので
じっくり打ち込んでください。
またケガには十分注意してください。
ちょっと指に負担がかかる課題がありまして
こちらとしても反省しているのですが
パキった方がおられました。
ポケット課題は指に負荷がかかりますので
十分注意してからトライするようにしてください。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-13 20:33 | riverside wall

7days Session 第1日目リザルト

 1週間の長丁場コンペが開幕しました。
課題数は65です。
超厳しいものばかり。
これを1週間で登っていきます。

 金曜日にもかかわらず
かなりの賑わいでした。
そして皆でわいわいセッションしました。
私も6時間ほど登ってくたくたになりました。
これぐらい毎日集中して登ったら
強くなるだろうなあ。

といったところで初日のリザルトです。

Nakamura  1161.0pt  29課題
Tsuruta    586.0pt  22課題
Kuramoto  494.3pt  20課題
Torigoe    477.6pt  20課題
Moribe     196.0pt  12課題
Nishikawa  171.0pt  11課題
Goubayashi  64.3pt   5課題
Yano        50.0pt   4課題

 以上です。

 ポイントは100ポイントを完登者数で割って計算されます。
つまり1課題で1名の完登者であれば100ポイント独占(ウマァー!)なのです。
暫定1位のNakamura選手は6課題で1人だけ完登をしておりまして
これだけで600ptを稼いでいます。
そのため2位とは7課題差で2倍近く点差が開いております。
逆に相手の1人完登を崩していけばポイントを奪っていくことも可能です。
怖いコンペだな。

 何はともあれ、初日に結構盛り上がってよかった。
これから6日間、シビアな戦いが続きます。
ぼちぼち実況していきますから
よろしくお願い致します。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-12 22:40 | riverside wall

1days session

 恒例の1週間コンペが開幕しました。
ただいま参加者4名。
3度目となる今回は65課題の長丁場です。
滅茶苦茶ムズい課題が20課題ほどあって
これをどう乗り切るかが重要です。
ちなみに14課題は1周年記念コンペに出た
Aクラス課題(推定2級以上)が出ています。

 激ムズ20課題
普通に難しい20課題
普通10課題
簡単10課題
すごく簡単5課題
という感じでしょうか。

 40~50課題程度が勝負の分かれ目でしょうか。
皆さん、体を痛めない程度に頑張ってください。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-12 17:13 | riverside wall

コンペ前の静けさ

 明日から1週間のコンペに突入します。

 今日はコンペ前の静けさなのか
利用者が少なかったです。

 ということで
夕方から残り課題を作ったり
ホールドをつけたりしました。

 明日から頑張りましょう。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-11 21:56 | riverside wall

突如増える

 今日は静かな水曜日。
午後8時前までは人もまばらでした。
が、突如、今日は大潮だったのだけど
潮が満ちるのと同じように人が押し寄せまして
11名くらいいました。
久々の満員でございました。

 大潮だったのでシーバス釣りの人も近くで釣っていて
めっちゃでかいシーバスを釣り上げて
うちのウォールの明かりで記念撮影していました。
その大きさたるや30センチや50センチじゃなくて
80センチ以上はあったのではなかろうか。
記念撮影をしたら釣り人はそそくさと川へ向かい
そのシーバスをリリースしていました。

 っていうかあれだけ痛めつけて
キャッチアンドリリースされても
魚は死んじゃうんじゃないかな。

 おいらなら間違いなく食べる
だろう。

 っていうかあんなに大きなやつが
そこいら辺を泳いでいるんだ。
昨日もポイペ(ポイント・アンド・ペグの略)に釣具を見に行って
ルアーのあまりの高価さにやっぱりやめちゃったけど
ちょっと投資してみようかと心が揺らいでしまいました。

 とあまりクライミングネタがないですが
あさってから1週間の長丁場コンペがはじまります。
明日はラミネート機が大活躍ですなあ。

 そうそう11月23日~25日は
「ボルダリング秋の祭典」
というイベントをやります。
ゲストは小山田大さんです。
とうとう鹿児島県出身の世界的クライマーが
リバーサイドウォールに来られます。
鹿児島の人はぜひ来ましょう。

 他県の方、ツアーに来られるならぜひ鹿児島へ。
リバーサイド鹿児島と金峰山で登りまくりというのは
どうでしょうか。
まだ内容が確定していないのですが
もうちょっと内容を吟味してがんばってポスター等を
作ってみます。
世界の第一線で活躍するプロクライマーと交流できるまたとない機会です。
鹿児島の人はぜひご参加ください。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-10 22:25 | riverside wall

スズメバチ警報発令中

 本日は朝方にちょっと雨が降ったみたいで
微妙でしたが金峰山に行ってきました。

 スズメバチが多い。

 特に黄色でちょっと小型のたぶんキイロスズメバチだろうと思われる
スズメバチが群れていました。

 最初に取り付いた大岩付近では
2匹が常時まとわりついて怖かった。

 この秋の季節、毎年スズメバチに遭遇するが
30秒ぐらいまとわりついても
すぐにどこかに飛び去ってしまうのだが
今日のスズメバチはずっとまとわりついて離れない。
ブーーーーンとすさまじい羽音をさせ
もう羽の風を感じるくらいに接近してきた。

 ここまでまとわりつかれたのは初めてで
トライしようとする直前にスズメバチがやってくると
気持ちが折れてしまうこともあった。

 パンダ岩で一人で打ち込んでいたら
ブーーーーーンと地面から羽音がする。
よく見たら下半身がちょん切れたハチがいた。
こんなハチを見るのは初めてで
スズメバチが他のハチの巣を襲ったのではなかろうか。

 いろいろ調べたらスズメバチがミツバチなど他のハチの巣を
襲うことはよくあることで占領した巣の周りに近づく者も
遠ざけようと警戒するのだと。
尋常じゃないまとわりつき方の謎がちょっと解けたような気がした。

 金峰山の不動岩下エリア、
スズメバチが多いのでもうちょっと寒くなるまでは
最大限に警戒してください。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-09 23:09 | 金峰山

見学者多数

 本日は見学者が3組ありまして
1日の見学者では最多でした。
テレビ、ネット、新聞さまざまなメディアで情報が流れたおかげで
知名度はちょっとずつあがってきているように思います。
ボルダリングをはじめたい高校生もいらっしゃるようで
中高生がはじめるようになったら
一気に鹿児島のレベルもアップしてくることでしょう。

 さてさて、本日は課題作りに明け暮れていました。
かなりいい感じの課題もできました。
とりあえず金曜までに40課題作成です。
今のところ10数課題しかできていないので
明日から頑張らないとなあ。
毎月課題作りにうなされますな。(トホホ)

 そういえば鹿児島大学では恒例の鹿大祭の季節が
迫ってきました。
いつもお世話になっている探検部から
パンフレットに広告を出してもらえないかと
オファーがありました。
ということではじめて広告を出します。

 弱小の営業力を誇っていたリバーサイドウォール鹿児島も
ちょっとずつ営業力がついてきたように思います。
しっかり地道にやっていく、
これがうちの営業戦略です。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-08 20:03 | riverside wall

南日本新聞に掲載されました

 10月6日付 南日本新聞の夕刊にリバーサイドウォール鹿児島の
記事が掲載されました。

a0037542_2022526.jpg

 一面の左上にこんな感じで紹介が載りました。

a0037542_2035097.jpg

 6面の3分の2はなんとリバーサイドウォール鹿児島での
ボルダリングの記事でした。
鹿児島においてこれほど大きくボルダリングが記事になるのは
はじめてかもしれません。
見出しは「気分はクモ男 快感壁登り」とあります。
なかなかすごい見出しになりました。
内容は記者さんに2時間ぐらい事情聴取されただけあって
かなり濃い内容です。
ボルダリング全般の話からジムの話、そして記者さんの体験記、
そしてT越さんのインタビュー記事、
とたくさん載っていましたよ。

 詳しくは南日本新聞の夕刊をとっている人に
譲ってもらってください。
鹿児島市内の図書館でも閲覧できると思います。

 こんなに大きく出ているなら
親戚縁者に配るために30部ぐらい買い占めておけばよかった。
残念。

 いきなりボルダリング人口が増えるということはないでしょうから
一つ一つ、鹿児島でボルダリングが活発になるよう
努力していきたいと思いました。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-07 20:14 | riverside wall

帰ってきました

 宮崎比叡山より帰ってきました。
日曜日はたくさんの方に利用したいただけたようで
誠にありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。

 さて、宮崎の比叡山は九州における岩登りのメッカのような場所です。
昔から登られている第一スラブ、ニードル左岩稜、TAカンテなどのロングルート、
トリハダスラブ、ウォータークラック等のショートルート、
眠れる森のボルダー、綱ノ瀬川ボルダー等のボルダーと
3つがすさまじい密度で凝縮されたエリアです。

 そこに2日間の予定で行ってきました。
ほとんどは鹿大山岳部の引率みたいな感じだったのだけれども・・・。

 えーっと、簡単に報告しますと
10月6日土曜日
1本目はTAカンテを登る。
グレードにしてⅣ級のルート。
Ⅳ級はアルパインクライミングのグレードで
ボルダリングの段級グレードとは逆で
Ⅳ級→Ⅴ級→Ⅵ級と
難しくなっていきます。
1年ぶりの比叡山で前回はあまり調子がよくなくて
びびりまくったのですが
今回はすこぶる調子がよい。
TAカンテは超楽勝!
ランナウトしても落ちる気はまったくしなかった。
昨年調子が悪かったのはシューズが合っていなかったためだろう。
7時半ごろ取り付いて普通の人が取り付かない1ピッチ目からたどって
11時ごろには終了点に達する。
未経験の一年生と一緒だった割には早かった。
a0037542_19574845.jpg


2本目、第一スラブスーパーを登った。
このルートは比叡山Ⅰ峰の一番高度感のある部分を登るルートで
かなりの人気ルートです。
しかし、12時ごろに取り付くときには誰も先行パーティはいなかった。
ラッキー。
ちなみに先行パーティがいてロープ操作等でもたもたしていると
2番目、3番目のパーティは渋滞して相当イライラすることになる。
3パーティ渋滞したら3番目は1箇所あたり30分~1時間待ちになることもあり
イライラは極度のものになる。
先行パーティはいないが、1ピッチ目はスラブが広すぎて
またあらゆるところにピンがあってルートがどれなのか
さっぱり分からん!
が、昔はなかった木製の案内板があって助かった。
ばりばりアルパインをやっていたのはもう10年も前のことやから
記憶も定かでない。
2ピッチ目。
黄色く帯状に見えるスラブを登る。
すっきりしているがピンが遠くて怖い、怖い。
ホールドも細かめでびびった。
ここから快適なスラブを登っていく。
亀の甲スラブは以前登ったときは非常に怖い印象があったが
今回は超楽勝で景色を見る余裕すらあった。
上のⅤ級はちょっと難しく感じた。
一部、ムーヴを間違えたりして、2歩ほどクライムダウンしてしまった。
ちなみにⅥ級がデシマルグレードで5.9~5.10a程度と聞いているので
5.8程度かな。ボルダリングの段級グレードなら・・・、分からん。
9級~10級程度やないかな。簡単過ぎてもう意味分からんグレードやね。
午後4時前に終了点に達した。
a0037542_1958722.jpg

1年生を連れてのクライミングでちょっと後方のパーティに渋滞を起こして
イライラさせてしまったけど、いたってスムーズなクライミングでした。

 夜は労山メンバー6名と宴会でした。
お風呂も入れて、たくさんビールが飲めてよかったです。

10月7日 日曜日
 朝から雨。
残念だ。
台風の外まきの雲らしい。
東風が入ってきており
宮崎県地方は天候が悪い模様。
ついてないな。
帰るのも悲しいのでⅢ峰下部にボルダーを探しにいった。
かなり良質なボルダーがあった。
a0037542_19582784.jpg

5級ぐらいの課題ができそうな大岩があった。
4名で取り付くがちょっと風化が進んでおり
ぼろぼろホールドの周りの粒子が取れる。
フットホールドも欠けまくった。
ブラシを持ってこなかったために上のスローパーについている
泥やコケを落とすことができなくて
結局本気トライできなかった。
残念。
その後、雨が強くなったために退散しました。

 こんな感じです。
岩登りも長いのから短いのまでいろいろやっています。
特に比叡山のロングルートは70才になっても楽しめます。
クライミングもすさまじく長く続けられるスポーツです。
まだあと40年はできるはずなので
頑張っていこうと思いました。

 以上
[PR]

# by msya777 | 2007-10-07 19:44 | riverside wall

ホールド増やしました

 この前、購入したホールドを
早速つけてみました。

a0037542_20151593.jpg

 とりあえず120度の新壁が中心です。
どのホールドが新ホールドかわかるかなー。
リバーサイドマニアなら分かるだろうけどなかなかわかんねぇだろうな。

 何か色鮮やかになりました。
それだけで妙にうれしいです。

 毎月ちょこちょこホールドを増やしていきますぜ。

 めざせホールド3000個。

 まあちびちびやっていきます。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-05 20:18 | riverside wall

明日から合宿

 明日から鹿児島大学山岳部の人たちと
宮崎の比叡山に合宿に行きます。
他の者がジムの管理をしますので
ジムは通常通りあいています。
ご利用ください。

 さて、合宿といいますと
昔は今ごろの季節に
1週間くらい比叡山で合宿したことがあったなあ。

 今よりグレードは全然登れなかったが
ランナウトには強かったように思う。
20メートル、30メートル、時には50メートルのランナウトも
やっていたように思う。
それほど宮崎の一部の岩場はボルト感覚が遠くて
一番ロープがのびたときは
すさまじい落下距離になります。

 もし50メートルのランナウトで50メートルの終了地点の若干手前で
落ちたら倍の100メートルの落下ですもの。
まあ、そんなルートは落ちてもまっ逆さまってほどの
傾斜ではないことが多いのですが
60度ぐらいの傾斜でも結構ランナウトは怖いです。

 今までそんなところで落ちたことはなくて
だから今も生きていられるんだけど・・・。

 ああ、やばいってところで
確か1.5スラだったかな。

 ハーケンを思いっきりぶちこんだら
ハーケンから火花が散ったのが
思い出されます。

 本当はいけないことなんだけど
そのハーケンをセカンドが抜こうとしたんだけど
結局抜けなくて残置してしまったこと。
今となっては開拓者に悪いことをしてしまったと
反省しております。

 10年も前のことだから
そのハーケンも腐ってなくなってしまった可能性が
高いと思われます。

 昨年も比叡の合宿をやったんだけど
結局TAカンテしか登れなかった。

 昔よりグレードは登れるかもしれないが
ランナウトは怖いので
ぼちぼちボルト間隔に体というか精神力を慣らしていきます。

 昨年はアルパインのⅣ級(かなり簡単なルート)が
ボルダリングの四級(ちょっとムズい課題)に感じられました。
今回はもうちょっとましになるように
頑張ろう。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-05 15:42 | riverside wall

1071個

 南日本新聞の記者さんに
ホールドは何個あるのですか?
と聞かれて
1000個です。
と答えてしまった。
別に根拠があったわけではない。
感覚的にそれぐらいかと。

 1回あたり20~100個ほどのホールドを
分散して購入した結果、
かなり多種多様なメーカーのホールドが集まりました。

 新聞に1000個のホールドがありますって
書かれてしまう可能性もあるのも手前
一回、ホールドの数を数えてみようかと思いました。

 1,2,3,4,5・・・と数えていく。
壁ごと、コンパネごとに分けて数えたほうがよいみたい。

 10分ほどで合計数が出ました。



 1071個!!



 おお!!1000個超えました。

 なかなかニアピン賞でした。




 それからこの前買ったホールドを取り付けました。
特に新しい壁にはホールドが少なかったので
この辺を重点的にホールドを配置していく。

 新しいホールドがたくさん付きました。
来週の7days Sessionにて
がんがん使われるように
課題を設定していきましょう。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-05 00:00 | riverside wall

7days Sessionやります!

 今年の4月以来かな。
半年ぶりに厳しいコンペ、7days Sessionを開催いたします。
月末にコンペをしたかったのだけど
どうしても行事が入っていて不可能なので
今回は1週間コンペをやることにしました。
とうとう恐怖の1週間コンペが戻ってきました。
リバーサイド独自ルールでの開催となります。

 期間は10月12日(金)~19日(金)の7日間です。
 ※10月15日は店休日ですのでご了承ください。

ルール
・タフネス賞 7日間で最もポイントの高かった人におくられます  全80課題!
・一日王者賞 最初の1日間で最もポイントの高かった人におくられます
・新人賞 リバーサイドウォールにおけるコンペ経験が0回または1回の方で
      最もポイントが高かった方におくられます
・タフネスクィーン賞 女性で一番数多く登られた方におくられます
・ラッキー賞 上記の三賞受賞者を除く

ポイントの付け方
100÷登った人数
その課題を完登できた人数が10名であり、その課題を自分も登れたときは10ptが
与えられます。
つまり登った人が自分1人ならば100ptの総取りも可能です。
他の人が登れなかった課題、つまり難しい課題を登れば登るほど高ポイントをゲットできます。

特別ルール
・スーパーFモード
 このスーパーFモードを宣言すると足限定課題を足自由課題に変えることができます。

・神の手モード
 この「神の手モード」を宣言すると自分の好きなホールドを1つ加えることができます。
難しいホールドのそばにあるガバを指定して楽勝課題に変えることが可能です。

 「スーパーFモード」、「神の手モード」はコンペ中、各1回しか使えません。
またこれらのモードを使って完登した課題を取り消すことはできません。

 この2つのモードを使うことにより、ライバルの完登者数を増やして
ポイントを下げることができます。
例えばAさんが1人だけ登った課題をスーパーFモードでBさんが完登した場合は
Aさんが100ptもらえるはずが完登者2名になることにより50ptに
減ってしまいます。(恐ろしい、友達無くしそう・・・)
逆に非常に難しい課題を1人だけがこれらのモードを利用して完登することにより
高ポイントをゲットすることができます。
これら2つのモードを利用することにより戦略的にコンペを戦って下さい。

参加料 ジムの通常利用料金を頂きます。月会員の方は非常にお徳です。
      参加料を頂いていないので賞品はかなり質素です、スミマセン。

注意
・1日あたりの打ち込みの時間の上限を6時間とさせて頂きます。
 (長時間の激しい打ち込みは指関節等の故障の原因となります)
 1日6時間を超えてからのポイントは認めない

・課題は以前にコンペで作った課題等も含まれます。
 特に古い課題も出題しますので、久々に思い出して登ってください。

・採点は自己ジャッジです。
 黒板に貼ってある採点表に最初の1日は赤マルで印を付けてください。
 赤マルが1日王者の採点基準になります。
 2日目以降は黒マルで印を付けてください。

最後に
ケガのないよう皆で打ち込みましょう。
そろそろ気温も下がってきてボルダリングの季節になってきました。
くれぐれも故障のないようによろしくお願い致します。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-03 22:06 | riverside wall

南日本新聞の取材を受けました

 本日は16時ごろから南日本新聞の記者さんが来られまして
新聞の取材を受けました。

 1時間ほどボルダリング全般のことについて取材を受けまして
その後、記者の方がボルダリングにチャレンジしました。

 8級はさくさく登られていました。
いい記事になりそうですね。

a0037542_1959375.jpg

 途中でカメラマンが用事で帰ったので
ラストはニシムラが一眼レフで撮影しました。
(登っている人を撮影する人を撮影した写真)

 そのほか利用者の方にも
インタビュー、撮影されていました。
皆様、ご協力頂きましたありがとうございました。

 土曜日の夕刊に掲載される予定です。
その辺のコンビニで必ず買って
リバーサイドの記事を読んでくださいね。
くれぐれも立ち読みはしないでね。
[PR]

# by msya777 | 2007-10-02 20:02 | riverside wall

新ホールド入荷しました!

 サガデザインホールドより新ホールド35個が入荷致しました。
これから毎月30個程度のホールドを順次購入していく予定です。

 9月度より値上げを行ないました。
また、回数券を新設し、月会員の料金に割安感が生まれ
料金を先払いされる方が増えました。
皆様には大変な負担をお願い致しましたが
9月度におきまして、料金値上げにも関わらず
7月度、8月度より利用者人数は増えました。
資金的な余裕が生まれ、この度ホールドを新規に購入することができました。
ありがとうございました。

 利益の一部はホールド購入など設備投資を行なっていきます。
鹿児島一いや九州で一番ホールドが多いジムになるように
頑張りますよ!
これからもよろしくお願い致します。
a0037542_14162642.jpg

[PR]

# by msya777 | 2007-10-01 14:20 | riverside wall

留守でしたがありがとうございました

 本日、昨日と2日間も用事でジムを留守にしておりました。
今さっき戻ってまいりました。
2日間ともたくさんの方にご利用頂きまして誠にありがとうございました。

 さて、2日間何をしていたのかと申しますと
所属している山岳連盟のレスキュー講習会なるものに
出席しておりました。

 2日間、みっちりレスキューの勉強をしてきました。

 皆様が注意して使ってくださっているおかげで
ジムが開設して1年ちょっとの間、
骨折などのケガはゼロでした。
レスキューの技術がここで発揮されないように
安全にクライミングをされるよう強く望みます。

 外岩に行くように皆がなってきたら
レスキュー講習会や安全なボルダリングの仕方の講習なども
やらないといけません。
またマナーアップのための活動もしていかねばなりませんね。

 と思ったりしました。

 12時でレスキュー講習が終わって
せっかく高いフェリー代を払ったので
大隈半島のリバーサイドウォールユーザのI戸さん(桜島)、N谷さん(鹿屋体育大)と
3名で猿ヶ城を攻めてきました。

 猿ヶ城を攻める前に
N谷さんの研究で握力とぶら下がったときの力を測りました。
自分の握力 右40kg 左35kg でした。
ただ今調べたところによりますと男性30代の平均を大幅に下回っております。
(トホホ)
世界の小山田さんもリンゴを握りつぶすほどの握力はないらしいですし
クライミングと握力は関係ないように私は思います。
どっちかというと握るというより指でホールドをひっかけるという感じですから。

 ちょっぴりショックを受けつつ
バイクと車2台で猿ヶ城を目指すも
なななんとバイクがガス欠。

 だけどラッキーなことに
ちょうど坂の頂点だったので20メートルほど押しましたけど
なんとか下り坂になって途中からI戸さんの車に乗せてもらって
大丈夫だった。
最後はI戸さんの車にバイクごと搬送してもらいました。
助かったー。
っていうか偶然にもI戸さんの車はバイクが搬送できる専用車的な車でした。
なぜかバイクを搭載するための板や車内にバイクを固定するバンドも
標準搭載されていた。(レース場にバイクを搬送するための車らしいね)
ホンマに助かったよ。
もし1人でこの道を走っていてちょうど中間部でガス欠やったら
携帯の電波も入るかわからんし、
車の通りもめっちゃ少なくて
雑草生え放題だからさ。
こんなところでガス欠したらマジ泣きしそう。

 ってなことがありまして
なんとか無事に猿ヶ城に着きました。

 最初は下流エリアでちょこちょこ登りました。
右ポケスラブ8級だったかな。
超ヌメって大変悪うございました。
嵐を呼ぶ男 1級
水の中マントル 4級
白目 2級あらため5級?
などをやりました。当然、嵐を呼ぶ男は登れませんでしたが。

 まだまだ水泳客が多くて
びっくりしました。

 あの明日から10月っすよ。
野外で泳いでいる季節ではないのでは・・・。

 地球は確実に温暖化している
と思った今日この頃でした。
[PR]

# by msya777 | 2007-09-30 20:16 | riverside wall

大潮ですね

 本日は大潮でルアーで釣りに来ている人が
えらい多かった。
シーバスは釣れたのだろうか。

 さて、本日は出水よりこちらの方に
仕事場が転勤になったというH山さんが
超久々来られました。
自分が大学生のころから知っている方で、
その当時は自分は5.10aしか登れないショボショボクライマーでしたが、
彼は慈悲(その当時のグレードで5.11c、今は5.12aといわれている)を
練習していたりして、雲の上のような人でした。
その後、仕事や子育てが忙しくなったらしいです。
そんな昔話をしたりしました。
男30代は家庭を持って、子どももいて、職場でもそこそこの地位で
クライミングには非常に酷な時期です。
ただそれでもなおクライミングを続けておられる方は
偉いなあと感心しました。
私も見習おう。
とにかく私はしぶとく続けるぞ!

 鹿屋のH岡さんも来られました。
大隈半島はTさん、M本くんが去ってから
かなり厳しい状況が長く続いているそうです。
そういえば、ここ2年くらい大隈の方の情報を聞かなくなりました。
消防の方が3名ほどでクライミングを続けているらしいです。
ちょっと海を隔てていますが
大隈半島も同じ鹿児島県。
一緒に頑張りましょう。
クライミングに僻地があってはいけません。
また大隈には猿ヶ城、根占、佐多、鬼岳、内之浦など
すばらしいクライミングエリアがあるじゃないですか。
もっともっと愛好者がいてもよいと思います。
次回のコンペからはこちらからオファーを出そうと思いました。
こちらからも大隈に行くときは一緒に行けたら
いいなあと思いました。

 さて明日からちょっと用事で
大隈半島の方へ行ってきます。
明日、あさっては他の者がジムの管理をしますが
営業しておりますのでご利用の程、
よろしくお願い申し上げます。
[PR]

# by msya777 | 2007-09-28 23:00 | riverside wall

新聞に掲載されます

 リバーサイドウォール鹿児島における
ボルダリングの模様が
南九州の地元紙、南日本新聞に掲載される予定です。
(夕刊に掲載されるそう)

 取材は10/2の夕方から行なう予定。
新聞のインタビューを受けてみたい方は
10月2日(火)の18時にリバーサイドウォール集合です。
どなたか取材を受けてください、
よろしくお願い致します。

 今月のMBCテレビに続いて
2ヶ月連続でマスメディア露出です。
それも地元では有名なテレビ局、新聞社ですので
鹿児島県内でボルダリングを知っていただけるには
いい機会です。

 「鹿児島におけるフリークライミング・ボルダリングのメジャー化プロジェクト」は
着々と進んでおります。
まだ「珍しいスポーツ」という位置づけでマスコミに登場しておりますが
いつの日か、鹿児島といえばサッカー、野球と同じように
普通なスポーツとしてクライミングが受け入れられるよう頑張っていきます。
[PR]

# by msya777 | 2007-09-28 16:17 | riverside wall

9月もそろそろ終わり

 9月もあっという間に末になってきました。
時の流れは早いものです。

 本日は利用者3名で少なめでした。
課題表の片付けなどをしていました。

 いろいろ常連さんと話をしたのですが
もっともっと人数が増えたほうが面白いということ。
また、女性の利用者が増えたほうがよいということ。
いろいろ話しました。

 テレビに出ても爆発的に利用者は増えることはありませんでしたし、
これに関して特効薬はないのかなと思います。

 ただもっともっとボルダリングというスポーツを
鹿児島に広めていきたいし
広がる土壌はあると思う。

 だって、2年くらい前から比べたら
これでも爆発的にボルダリング人口が増えましたもの。

 鹿児島にボルダリングを広める
というきちんとした信念をもって
営業していけば必ず愛好者は増えていくでしょう。
一歩一歩、がんばっていきましょう。

 さてさて、本日は大潮です。
シーバス釣りの人がたくさん居ますね。
お客さんに言われて
シーバスの道具を見に行ったんですが
高けぇーーーー。
ルアー1個1000円とか見ると
まあ、エサ釣りでしみじみキスを釣るくらいが
自分にはちょうどいいかなと思った。
シーバス釣りの道具を買う代わりに
ホールドを買いました。
今週末にも届くでしょう。
これから毎月ホールドが増えていく予定です。
新ホールド入替キャンペーンとかやらんと
いかんですね。
 
[PR]

# by msya777 | 2007-09-27 21:48 | riverside wall